ギックリ腰も寝違いも肩こりも…

さて、またギックリ腰ネタをひとつ。

もうギックリ腰ネタは飽きたという方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、しかたない。

そういう方がよく来院されるんですもの。

 

 

「ギックリ腰の治し方」 

 って、あると思いますか?

よく、手技セミナーとかで「ギックリ腰はこれさえやれば治る!」

「〇秒でギックリ腰を治す〇〇治療法」とかを見かけます。

「これであなたも明日からゴッドハンド!」って…

 

 

手を変え品を変え、「今まで無かった全く新しい治療法!」が頻繁に出ています。

ゴッドハンドの技術を習得しようと治療家さんは躍起になります。

 

 

…そもそもゴッドハンドって何でしょ?

「はい、私はゴッドハンドですよ。」

「治療技術教えますよ。」

「今回は理論編だけだからギックリ腰の実技は違う回のセミナーでヤルネ。〇〇万カカルネ。」

「毎回お金かかるけど、セミナー何回も受けないとワタシノ技術習得デキナイヨ。ゴッドハンドが教えてるカラネ。」

…そんなニセゴッドも…

 

 

 

以前勤めていた整骨院の院長は、

「たとえば首の治し方見たら、その他の腰とか膝とかも治し方一緒でしょ。」

「だから1回見たらあと見なくてもいいでしょ。全部繋がってるから。」

と言っていました。

 

 

そんな事言う治療家は少ないですけどね。 

 

 

未熟な僕は、当時その意味がよく分かりませんでしたが、今思えば納得。

結局ギックリ腰だろうが寝違いだろうが肩こりだろうが一緒って事です。

治療家自身が細分化して複雑にしてワケ分からなくしているだけです。

だから解剖学的知識がそこまでなくても、ギックリ腰や寝違いを簡単に改善できる先生はたくさんいます。

 

 

そんな治療家に少しでも近づこうと鍛錬している次第ですが、自分、まだまだ未熟どす。

 

 

ギックリ腰になって治療院行って、治療家が「ほっといたらまた痛くなるよ」って言うから痛くなる。

「通わないと良くならないよ」って言うから治らない。

いらんストレッチやら運動、筋トレ教えるから良くならない。

 

人ってそういう風にできている。

 

 

 

「患者さんのため」とは言いつつ、知らず知らず体の状態を崩すことを教えてしまっているわけで…

 

いや、僕も偉そうな事は言えないわけで…

 

 

でも本当につらい人って、早く治したいんですよね。

回数少なくて治るんであれば、それに越したことはない。

仕事も早く復帰できるし家族との時間だって増えますしね。

 

 

本当はギックリ腰でも何でも1回で完全に改善できればいいのですけどね、1回で治る人もいれば何回かかかる人もいます。

 

 

「ギックリ腰を一瞬で治す」という先生もいます。

動画でも見かけます。

あくまで、「一瞬」「パフォーマンス」です。……

 

内部の問題を変えなければまたすぐに…

 

 

現場からは以上です。

0 コメント

体の退化

何となく気づいてきたのですが、筋肉ってあくまで「補助」だと思うんです。

うん、当たり前なんだけど…

 

 

通常、例えば重たい物を持とうとする時に優先されるべきなのは、「どうやったら体に負担をかけずに持てるか」。

「こういう持ち方が楽だ」とか「こういう押し方、歩き方、投げ方が楽だ」ということを先人達は身をもって体験し、工夫し、自然と身につけていったのだと思います。

 

 

が、自分たち現代人は体を工夫して使う事をおざなりにしてきたのかも知れません。

 

 

本来は、

この荷物は重たい

どうやって持とうか

うん、体をこう使えば楽に持てる

 

 

ですが現代では、

この荷物は重たい

自分の筋力不足

筋肉をつけよう!

 

 

若しくは

この荷物は重たい

筋力不足だけど筋トレとか運動やだ

あ、この道具便利。使おう。

 

 

 

と、体をうまく使えないまま生活出来ています。

 

昔の工夫はすごいです。

大人の自転車は子供には大きすぎて乗れない。

でも乗りたい!

工夫して完成したのがこれ。

かんた。

 

いや、三角乗り。

工夫の結晶です。

 

 

今はそんなことしなくても子供用のあります。

 

 

昔は物がなかっただけに、創意工夫です。

 

 

 

んで、はじめに戻ります。

便利な物があふれている現代。

体の使い方が下手でも、いろいろな道具がなんとかしてくれる。

しかし、いざ体を使わなきゃならん場面。

「体の使い方わかんね」

「筋力つければ何とかなるんじゃね?」

筋トレ、筋トレ。

今度は体の使い方下手でも、筋力がなんとかしてくれる。

 

そして、より体の使い方が下手になっていくのでした。

 

 

 

これが、ヒト科から筋肉バ科へ退化した例です。

 

 

 

基本は体を上手く使えて、それで足りない時に筋力が体を補助する。

それが筋肉の使い方ではないかと思うんです。

筋力は添えるだけ。

 

 

それが真っ先に筋力依存で動くクセがついてしまうと、ケガや腰痛、肩こりetc…に繋がるんではないでしょうか。

筋力よりも、基本動作が大事。

 

 

僕も今、鍛錬中です。

体を楽に使うのって、楽しいです。

ムズいけど。

 

でもそれをしっかり身につけて、患者さん達にも教えられ、皆さんが健康になっていけばと。

 

 

すべての物事に感謝、お祈りを…

 

て言いませんよ。胡散臭い。

 

 

では(^O^)ノシ

0 コメント

W杯残念でした

皆様、W杯で睡眠不足でしょうか。

 

先日、初めての月寒公園へ行って来ました。

遊具の充実さでいうとトップレベル!

…知りませんけど。

 

非常に混んでいまして、なかなか駐車場にも入れない様子。

 

 

待ってる車の人達もイライラしているでしょうに、そんな中でドライバーに声をかけて和ませる警備員のおっちゃん。

毎年初詣に白石神社で警備している、DJガードでした。

引っ張りだこか。

 

 

まあまあ天気がよろしくて、お子様連れが多かったですね。

名物の長~い滑り台でウチの子らも楽しんでいた模様。

 

子供用の軽いボールを持って行ったので、僕がそれを坂に蹴っては二人で「キャッキャ」しながら追いかけていました。

 

よし遠くに蹴ってやろうと強めに蹴ったところ、芝生のはげている場所に軸足を取られ転倒。

決して足の筋力が衰えていたわけではありません。

滑っただけです。

QBK((Q)急に(B)ボールを(K)蹴ったから)です。

 

 

W杯観て、ボールを蹴りたくなったのです。

そんな方も多いでしょう。

「よし!自分もランニングでも始めてみるか!」とか。

 

 

それ、続きませんよ。

普段さして歩きもしないのに、走るって。

小一の勉強飛ばして小四の勉強出来ませんて。

物事には順序があります。まずは歩きましょうや。

 

 

別に、腕振って歩幅を大きく!ってしなくてもいいと思いますけどね。

自分が楽に歩ける姿勢を見つけられたらいいんです。

無理せず、楽~に。

 

 

さて、W杯。

日本代表がベルギーに2対3で敗れ、残念ながら8強とはいきませんでしたが、いい試合でした!

 

 

未来に繋がる可能性。

これからまた少しずつ強くなっていけばいいさ。

 

 

結局なんの話だろう…

0 コメント

なで肩と肩こり

日本人の骨格は、なで肩だから肩こりしやすい?の話し。

肩こりについても、ストレスやら姿勢やら思い込みだとかいろいろ書いてきました。

 

 

んで、そもそも骨格的に欧米人に比べてなで肩だから肩こりを起こしやすいらしいですよ。

浅いネット情報では。

欧米人は胸を張って姿勢がいいから肩こりしない?

日本人はなで肩で姿勢悪いから肩こりする?

 

 

おかしいですよね。

人種的になで肩で姿勢が悪いから肩こりしやすい?

日本人限定で、そんなしょーもない骨格的なデメリットを持って生まれてきますかね?

 

 

本来の骨格の持つ姿勢、生活様式から外れている事をし続けていて、肩こりやら腰痛やらが起こっているのも原因の一つなのかなと思ってみました。

元々日本の生活様式に合っていたはずの骨格なのに、西洋式にはめてしまったばかりに体の不都合が出てきたという説。

 

 

ということは、逆に西洋人を日本の様式にはめて生活させると肩こり腰痛が出てくるのでは?

よく、「日本に来て肩こりを感じた」と聞きます。

日本もかなり西洋式になったとは言え、それでもソファより床式だったり、畳に布団だったり、あぐら、正座、家裸足、箸、寿司、テンプラ、サムライ、ハラキリetc…

 

 

体は正直です。

だから日本人は日本式が楽で、西洋人にとってはつらいもの。

 

「肩こりだ!」

「なで肩で猫背で姿勢が悪いんだ!」

「西洋人のような姿勢になろう!」

そう言って無理に姿勢変えてたら、体が硬くなってしまって余計に肩こり腰痛起こりそうですね。

 

姿勢を西洋式にカスタマイズするよりも、本来持つ姿勢に抵抗せず体自体を上手く使ってあげる方が無理ないと思いますよ。

 

 

でも、西洋式だろうが日本式だろうが、どっちの姿勢をしても楽な状態である体を目指したいものですね。

 

 

ちなみに僕もなで肩ですけど肩こりしません。

肩幅広めの服は似合いません。ベジータ着てるヤツみたいになりますよね。

 

 

では(^_^)ノシ

0 コメント

施術者の影響

ずっと別の整体院に通っていたという患者さん(Aさん)のお話。

 

ーーーーーーーー

 

Aさんは、とある整体院に通っていました。

いつも同じ先生に施術をしてもらって、調子も良かったそうです。

 

 

残念ながらその先生が整体院を辞めてしまい、それ以降は別の先生に施術をしてもらっていたそうです。

しかし、その先生に施術されて以降、以前のように調子は改善されなかったと。

(まあ、行かないよりはいいか)と思い、仕方なく続けて通っていました。

 

 

いつものように施術を受けた次の日、何故かAさんの首が動かなくなっていたのです。

特に強い施術でもなく、むしろ以前の先生よりも弱い施術。

バキバキはしていません。

数日経過してからは動くようになったそうなのですが、何故あんな事になったのか。

 

ーーーーーーーー

 

 

「あれ、なんでだろう」と聞かれました。

 

僕が「寝違えたんですか?」と聞いても、そうでもなさそう。

「じゃあ、もしかしたらその先生の状態が良くなかったのかも知れないすね。力が抜けてなかったり。」

という会話をしていたらAさんがハッとして、「そういえば何回か治療受けたけど、いっつも愚痴ばっか聞かされてたわ。会社の愚痴とか…」

「首動かなくなる前の日は、とうとう前の先生の悪口言い出したから…」

 

 

あら、それかしら?

 

 

改めて勉強になりました。

施術者の状態が患者さんに影響する。

 

せっかく影響させられるなら、人には良い影響を与えたいものですな。

 

 

 

 

 

と、全然関係ない話しになりますが、先日昼休み中、コンビニへ行こうと公園の中を歩いていた時のことです。

雨が降っていたので傘を差しながら、公園内の遊歩道を歩いていました。

すると、木から降りてきたのか2羽のカラスが目の前に立ちふさがりました。

(お?いつの間に)と思い、ふと後ろを見ると、後ろにもカラスが2羽。

 

 

(あ、囲まれた)。

そして、カラス達が「カァーッ!カァーッ!」と鳴き出しました。

 

「うわっ、キモい」と、早足で去っている時です。

背後の木の上から5羽目のカラスが飛んできて、僕の傘にアタックしてUターン。

 

もう、怖いんじゃなくて、ムカつきますよね。

舌打ちしましたもんね。

どうせまた背後からフライングアタックして来るんだろうと構えていました。

(ほらほら、バック取った気でいる)

(ほーら、来た馬鹿め)

 

近くまで飛んで来たところを傘でドーンと威嚇したら方向転換して木に戻りました。

 

その間、他の手下どもはずっと鳴いてたので、本当に気持ちが悪かったですよね。

 

 

 

その日のニュースで、「カラスの雛が巣立ちの時期に入っていますので、人を襲います。気を付けてください」と。

 

 

巣立ちなんかねえ、こちとら知ったこっちゃないんですわねぇ。

大人しく巣立てばよろしかろうよ…

0 コメント

ギックリ腰も寝違いも肩こりも…

さて、またギックリ腰ネタをひとつ。

もうギックリ腰ネタは飽きたという方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、しかたない。

そういう方がよく来院されるんですもの。

 

 

「ギックリ腰の治し方」 

 って、あると思いますか?

よく、手技セミナーとかで「ギックリ腰はこれさえやれば治る!」

「〇秒でギックリ腰を治す〇〇治療法」とかを見かけます。

「これであなたも明日からゴッドハンド!」って…

 

 

手を変え品を変え、「今まで無かった全く新しい治療法!」が頻繁に出ています。

ゴッドハンドの技術を習得しようと治療家さんは躍起になります。

 

 

…そもそもゴッドハンドって何でしょ?

「はい、私はゴッドハンドですよ。」

「治療技術教えますよ。」

「今回は理論編だけだからギックリ腰の実技は違う回のセミナーでヤルネ。〇〇万カカルネ。」

「毎回お金かかるけど、セミナー何回も受けないとワタシノ技術習得デキナイヨ。ゴッドハンドが教えてるカラネ。」

…そんなニセゴッドも…

 

 

 

以前勤めていた整骨院の院長は、

「たとえば首の治し方見たら、その他の腰とか膝とかも治し方一緒でしょ。」

「だから1回見たらあと見なくてもいいでしょ。全部繋がってるから。」

と言っていました。

 

 

そんな事言う治療家は少ないですけどね。 

 

 

未熟な僕は、当時その意味がよく分かりませんでしたが、今思えば納得。

結局ギックリ腰だろうが寝違いだろうが肩こりだろうが一緒って事です。

治療家自身が細分化して複雑にしてワケ分からなくしているだけです。

だから解剖学的知識がそこまでなくても、ギックリ腰や寝違いを簡単に改善できる先生はたくさんいます。

 

 

そんな治療家に少しでも近づこうと鍛錬している次第ですが、自分、まだまだ未熟どす。

 

 

ギックリ腰になって治療院行って、治療家が「ほっといたらまた痛くなるよ」って言うから痛くなる。

「通わないと良くならないよ」って言うから治らない。

いらんストレッチやら運動、筋トレ教えるから良くならない。

 

人ってそういう風にできている。

 

 

 

「患者さんのため」とは言いつつ、知らず知らず体の状態を崩すことを教えてしまっているわけで…

 

いや、僕も偉そうな事は言えないわけで…

 

 

でも本当につらい人って、早く治したいんですよね。

回数少なくて治るんであれば、それに越したことはない。

仕事も早く復帰できるし家族との時間だって増えますしね。

 

 

本当はギックリ腰でも何でも1回で完全に改善できればいいのですけどね、1回で治る人もいれば何回かかかる人もいます。

 

 

「ギックリ腰を一瞬で治す」という先生もいます。

動画でも見かけます。

あくまで、「一瞬」「パフォーマンス」です。……

 

内部の問題を変えなければまたすぐに…

 

 

現場からは以上です。

0 コメント

体の退化

何となく気づいてきたのですが、筋肉ってあくまで「補助」だと思うんです。

うん、当たり前なんだけど…

 

 

通常、例えば重たい物を持とうとする時に優先されるべきなのは、「どうやったら体に負担をかけずに持てるか」。

「こういう持ち方が楽だ」とか「こういう押し方、歩き方、投げ方が楽だ」ということを先人達は身をもって体験し、工夫し、自然と身につけていったのだと思います。

 

 

が、自分たち現代人は体を工夫して使う事をおざなりにしてきたのかも知れません。

 

 

本来は、

この荷物は重たい

どうやって持とうか

うん、体をこう使えば楽に持てる

 

 

ですが現代では、

この荷物は重たい

自分の筋力不足

筋肉をつけよう!

 

 

若しくは

この荷物は重たい

筋力不足だけど筋トレとか運動やだ

あ、この道具便利。使おう。

 

 

 

と、体をうまく使えないまま生活出来ています。

 

昔の工夫はすごいです。

大人の自転車は子供には大きすぎて乗れない。

でも乗りたい!

工夫して完成したのがこれ。

続きを読む 0 コメント

W杯残念でした

皆様、W杯で睡眠不足でしょうか。

 

先日、初めての月寒公園へ行って来ました。

遊具の充実さでいうとトップレベル!

…知りませんけど。

 

非常に混んでいまして、なかなか駐車場にも入れない様子。

 

 

待ってる車の人達もイライラしているでしょうに、そんな中でドライバーに声をかけて和ませる警備員のおっちゃん。

毎年初詣に白石神社で警備している、DJガードでした。

引っ張りだこか。

 

 

まあまあ天気がよろしくて、お子様連れが多かったですね。

名物の長~い滑り台でウチの子らも楽しんでいた模様。

 

子供用の軽いボールを持って行ったので、僕がそれを坂に蹴っては二人で「キャッキャ」しながら追いかけていました。

 

よし遠くに蹴ってやろうと強めに蹴ったところ、芝生のはげている場所に軸足を取られ転倒。

決して足の筋力が衰えていたわけではありません。

滑っただけです。

QBK((Q)急に(B)ボールを(K)蹴ったから)です。

 

 

W杯観て、ボールを蹴りたくなったのです。

そんな方も多いでしょう。

「よし!自分もランニングでも始めてみるか!」とか。

 

 

それ、続きませんよ。

普段さして歩きもしないのに、走るって。

小一の勉強飛ばして小四の勉強出来ませんて。

物事には順序があります。まずは歩きましょうや。

 

 

別に、腕振って歩幅を大きく!ってしなくてもいいと思いますけどね。

自分が楽に歩ける姿勢を見つけられたらいいんです。

無理せず、楽~に。

 

 

さて、W杯。

日本代表がベルギーに2対3で敗れ、残念ながら8強とはいきませんでしたが、いい試合でした!

 

 

未来に繋がる可能性。

これからまた少しずつ強くなっていけばいいさ。

 

 

結局なんの話だろう…

0 コメント

なで肩と肩こり

日本人の骨格は、なで肩だから肩こりしやすい?の話し。

肩こりについても、ストレスやら姿勢やら思い込みだとかいろいろ書いてきました。

 

 

んで、そもそも骨格的に欧米人に比べてなで肩だから肩こりを起こしやすいらしいですよ。

浅いネット情報では。

欧米人は胸を張って姿勢がいいから肩こりしない?

日本人はなで肩で姿勢悪いから肩こりする?

 

 

おかしいですよね。

人種的になで肩で姿勢が悪いから肩こりしやすい?

日本人限定で、そんなしょーもない骨格的なデメリットを持って生まれてきますかね?

 

 

本来の骨格の持つ姿勢、生活様式から外れている事をし続けていて、肩こりやら腰痛やらが起こっているのも原因の一つなのかなと思ってみました。

元々日本の生活様式に合っていたはずの骨格なのに、西洋式にはめてしまったばかりに体の不都合が出てきたという説。

 

 

ということは、逆に西洋人を日本の様式にはめて生活させると肩こり腰痛が出てくるのでは?

よく、「日本に来て肩こりを感じた」と聞きます。

日本もかなり西洋式になったとは言え、それでもソファより床式だったり、畳に布団だったり、あぐら、正座、家裸足、箸、寿司、テンプラ、サムライ、ハラキリetc…

 

 

体は正直です。

だから日本人は日本式が楽で、西洋人にとってはつらいもの。

 

「肩こりだ!」

「なで肩で猫背で姿勢が悪いんだ!」

「西洋人のような姿勢になろう!」

そう言って無理に姿勢変えてたら、体が硬くなってしまって余計に肩こり腰痛起こりそうですね。

 

姿勢を西洋式にカスタマイズするよりも、本来持つ姿勢に抵抗せず体自体を上手く使ってあげる方が無理ないと思いますよ。

 

 

でも、西洋式だろうが日本式だろうが、どっちの姿勢をしても楽な状態である体を目指したいものですね。

 

 

ちなみに僕もなで肩ですけど肩こりしません。

肩幅広めの服は似合いません。ベジータ着てるヤツみたいになりますよね。

 

 

では(^_^)ノシ

0 コメント

施術者の影響

ずっと別の整体院に通っていたという患者さん(Aさん)のお話。

 

ーーーーーーーー

 

Aさんは、とある整体院に通っていました。

いつも同じ先生に施術をしてもらって、調子も良かったそうです。

 

 

残念ながらその先生が整体院を辞めてしまい、それ以降は別の先生に施術をしてもらっていたそうです。

しかし、その先生に施術されて以降、以前のように調子は改善されなかったと。

(まあ、行かないよりはいいか)と思い、仕方なく続けて通っていました。

 

 

いつものように施術を受けた次の日、何故かAさんの首が動かなくなっていたのです。

特に強い施術でもなく、むしろ以前の先生よりも弱い施術。

バキバキはしていません。

数日経過してからは動くようになったそうなのですが、何故あんな事になったのか。

 

ーーーーーーーー

 

 

「あれ、なんでだろう」と聞かれました。

 

僕が「寝違えたんですか?」と聞いても、そうでもなさそう。

「じゃあ、もしかしたらその先生の状態が良くなかったのかも知れないすね。力が抜けてなかったり。」

という会話をしていたらAさんがハッとして、「そういえば何回か治療受けたけど、いっつも愚痴ばっか聞かされてたわ。会社の愚痴とか…」

「首動かなくなる前の日は、とうとう前の先生の悪口言い出したから…」

 

 

あら、それかしら?

 

 

改めて勉強になりました。

施術者の状態が患者さんに影響する。

 

せっかく影響させられるなら、人には良い影響を与えたいものですな。

 

 

 

 

 

と、全然関係ない話しになりますが、先日昼休み中、コンビニへ行こうと公園の中を歩いていた時のことです。

雨が降っていたので傘を差しながら、公園内の遊歩道を歩いていました。

すると、木から降りてきたのか2羽のカラスが目の前に立ちふさがりました。

(お?いつの間に)と思い、ふと後ろを見ると、後ろにもカラスが2羽。

 

 

(あ、囲まれた)。

そして、カラス達が「カァーッ!カァーッ!」と鳴き出しました。

 

「うわっ、キモい」と、早足で去っている時です。

背後の木の上から5羽目のカラスが飛んできて、僕の傘にアタックしてUターン。

 

もう、怖いんじゃなくて、ムカつきますよね。

舌打ちしましたもんね。

どうせまた背後からフライングアタックして来るんだろうと構えていました。

(ほらほら、バック取った気でいる)

(ほーら、来た馬鹿め)

 

近くまで飛んで来たところを傘でドーンと威嚇したら方向転換して木に戻りました。

 

その間、他の手下どもはずっと鳴いてたので、本当に気持ちが悪かったですよね。

 

 

 

その日のニュースで、「カラスの雛が巣立ちの時期に入っていますので、人を襲います。気を付けてください」と。

 

 

巣立ちなんかねえ、こちとら知ったこっちゃないんですわねぇ。

大人しく巣立てばよろしかろうよ…

0 コメント

膝、リハビリ、筋トレ?

先日、変形性膝関節症の方がいらっしゃいまして。

 

変形性膝関節症とは、膝の軟骨が減って炎症が起こって水が溜まって変形して痛くてどーのこーの。

細かい事知りたい方はgoogleさんへ。

 

 

 

整形外科で注射打ってリハビリしてという治療をされているようで。

お医者さんには「注射打たないと痛いままだよ」と言われるから不安なので定期的に行っている。

でも改善されない。

お医者さんが不安を煽る恐怖…

 

 

 

 

病院のリハビリでは、膝回りの筋肉を強化。

あとは自宅でも、指導された筋力トレーニングしたり、恐らく自己流になってしまった強いストレッチ。

 

 

日常生活も、けっこう活動的な方です。

運動もされています。

痛みを軽くしたい一心で、真面目な方ほど自宅で一生懸命トレーニングをしてしまいます。

 

 

「膝を鍛えるために、家でもこの筋力トレーニングしてください」

「こういうストレッチをちゃんとやっておいてください」

と言われてやってても、強さとか伸ばし方の具合を教わっていないので完全自己流になるんです。

 

そのせいで膝回り硬くして、回復も遅れているのでは…

 

 

ちゃんと教えられる人が行うリハビリはとても良いものです。

しかし、「変形性膝関節症にはこのトレーニングが良いらしい」くらいの認識しかなければ逆に膝を壊してしまうかも知れません。

 

 

そもそもこの患者さん

筋力あるのに筋トレ必要かね?

 

筋力低下している人なら効果的ですけど…

 

 

とにかく膝回りだけの筋肉を使わせているので、そりゃあ硬くもなりますね。

その部分的な硬さは体全体に伝搬します。

体の使い方がこじれます。

嫁姑問題。

 

 

「まずは日常生活での体の使い方をうまく出来れば、全体的にも楽に程よく筋肉が使われるので部分的な筋トレなんて必要ないよ、楽に動ければ膝の負担も減っていくよ」論です。

 

 

リハビリによっては、やり方、指導方法の誤解によって逆効果になり得るものも往々にしてありますので、疑問に感じたらどんどん突っ込んで聞いてみるとよろしいですよ。

(こんな事聞いて嫌がられたらどうしよう)とは思わずに。

突っ込んで聞かれてイヤな顔する人なんていないですから。

 

 

よく僕も突っ込んで聞かれますけどね。

その分、テンション上がって施術時間が伸びてしまうことも…

 

 

まあ、必要以上の筋トレは必要ないよということで。

0 コメント

何の為に骨盤矯正?

開いた骨盤を戻したいから?

下半身も締まる?

ダイエット効果?

 

 

先日いらした方。

仮に骨盤子さんとします。

 

骨盤子さんは産後の骨盤を戻したいと、とあるお店の骨盤矯正に通い始めました。

先生の矯正を受け、骨盤回りのトレーニングや、自宅でのトレーニングも指導されました。

 

骨盤子さんは真面目なので、自宅で実践していたようです。

 

すると、どうでしょう。

 

 

数日後、人生初のギックリ腰になってしまいましたとさ。

 

 

 

 

 

これは、骨盤矯正コースの一般的な内容だと思います。

骨盤子さんは、先生の言われた通りに実践していただけです。

 

 

でも、骨盤子さんにとっては楽な骨盤の位置じゃなかったのかも知れません。

辛い骨盤の位置にムリヤリ収めて筋肉で押さえつけようとして、逆に体を固めてしまった例ではないでしょうかね。

 

 

鉄筋の入ってないコンクリート造りって脆いです。

だから、木造の免震構造の方が良い。

変に部分的なトレーニングして体固めるよりも、楽な体の位置を覚えた方が体に優しいし楽。

 

 

多分、教えてる側の人達もそんなトレーニングやり続けてないですよ。

めんどいし疲れるし。

そもそも自分が慢性症状抱えてしまってる。

 

 

 

自分がやってない事を教えるのは気が引けるので、体の辛い方には僕が毎日やっている体操やら呼吸やら動きやらをお教えしています。

 

 

自分がやってて楽だし簡単だし整うし四六時中できるし。

 

 

 

しかし、シンプルな事でも毎日続けていくと、人間ですから徐々に我流が出てきます。

最初に言われた通りにやっていたつもりですが、自分でも気づかずにクセが出ていたようだったので、ちゃんと元の線路に戻してもらいました。

 

 

 

トレーニングの必要性、不必要性。

何で骨盤をこの位置に矯正するのか、しない方がいいのか。

日常生活の動きをどうしたら痛めないのか。

 

それをちゃんと知った上で患者さんに、本当の意味での楽な動きやその人にとっての良い姿勢などを伝えることが出来るのではないかと思います。

 

 

 

いや、正直僕もまだまだですけど。

 

 

 

「痛めたのはあなたのやり方が良くないんだよ」

「骨盤が戻る課程でそういう事あるよ」

「骨盤戻したいなら我慢して」

 

って言われて(あぁ、そうなんだ)って思わされがちなんです。

 

でも正直、

 

 

すべて施術者の責任です

 

 

 

 

患者さんが申し訳なさを感じる事はないのです。

 

痛むも痛まないも、治るも治らないも、施術者の問題なのです!

 

ドーーーン!!

続きを読む 0 コメント

いろんな整体

ごちゃごちゃになっていた過去のブログ達をテーマ別に分けてみました。

 

分けてはみたんですが、テーマが多くなってしまい、

今度はバラバラ。

んで、雑談テーマが多すぎる。

 

まあ、ヒマだったら見てやってください。

 

 

 

さて、整体整体言いますけど、そもそも「整体」って何でしょう。

 

整体院に行ったことある方も多いでしょう。

バキバキやる整体もあれば、モミモミしかしない整体もあります。

道具しか使わない整体。

体に触らない整体etc…

 

 

「バキバキはイヤだから、ソフトの整体で」

「強いのが好きだから、強押ししてくれるとこ」

 

 

整体も、すごく好みが分かれるジャンルではないでしょうか。

ラーメン屋のように。

 

 

いろいろなニーズがありますから。

ウチも初診の方の問診は、最低限丁寧にやっているつもりです。

 

 

ですが、ギックリ腰で来院して、座っているのもやっと。

そんな患者さんに、「この痛みというのはうんたらかんたら…」

「当院ではこういう矯正法がありましてどーのこーの…」

過剰な問診。

 

 

そんなの患者さんからしたら、「辛いんだからさっさとやってくれ!」と。

 

 

って、

 

 

ウチにいらした患者さんが、そういうトコに行った事があると。

「マニュアルどーでもいーからこの腰何とかしてよ」って。

 

 

まあ、難しいものですね。

「臨機応変に動いて!」

昔勤務していた時の整骨院の先生がよく言ってました。

ベッド、待ち合いが一杯になってきたらわっちゃわちゃになるわけです。

 

 

んで、「早く手をかけて早く電気かけて」の意を込めて「臨機応変」。

そんな急かされて動いている僕らを見て、患者さんも早く移動せねばならんと思い、焦る焦る。

かえって、整骨院来て息上がってるんじゃないかと。

整骨院来て疲れて帰る(笑)。

 

 

焦り、イライラは伝達しますよね。

 

 

 

 

ん、整体の話しだった。

 

「肩こりはマッサージじゃ治らない!」とか「バキバキは体に負担がかかって良くない!」とかって言われますよね。

僕も以前、そう思っていたフシがありますけどね。

ブログ整理してたら、過去にもブログで書いてましたしね…すんません。

 

 

 

事実、マッサージやバキバキだけで治している先生もいっぱいいます。

結局なんだかんだで、肩こりはマッサージだけで治る人もたくさんいるということです。

ただし、ちゃんとした先生がやれば

 

 

 

資格の種類なんかは関係ないんでしょうね。

資格があろうがなかろうが、ちゃんとした先生だったら何をやっても「治す整体」。

 

 

 

安心と信頼の整体師。

 

 

 

そんな治療家に

 

 

私はなりたい

 

 

 

 

あ、なんか胡散臭い…

0 コメント

またギックリするヒト

先日、ギックリ腰の患者さんがいらっしゃいましてね。

 

ギックリ腰や寝違いの方、多くいらっしゃるんですけど、

みなさん来院時はもちろん

痛がってきますね。当たり前ですね。

 

前屈みになってたり、グッと肩に力が入っていたり。

 

 

それと、「笑顔がない」。

 

あ、当たり前か。

 

 

そんな余裕ありませんね。

 

 

ギックリ腰で痛い。

痛みを我慢して全身が緊張する。

顔の筋肉も強ばる。

 

眉間にしわ寄って笑えやしない。

 

 

顔だけ見ても痛みの度合いが分かります。

 

 

でも、施術してる最中に体の力が

緩んでくるのが分かったり、

話してて笑ってくれたりすると、

(あ、だいぶ楽になってきたんだな(^_^))という指標に

なるわけです。

 

 

以前、勤務していた頃もギックリ腰や寝違いの方は

多くみえてたんですけど、

当時の僕は、(よし!この治療で良くするぜ!)と

意気込みすぎ、集中し過ぎで失敗することもありました。

 

 

「あれ?なんでこれで良くなんないのかな?」

「ん、んん?おかしいんだな」

続きを読む 0 コメント

ムダな筋肉

連休はゆっくり過ごせましたでしょうか?

 

ウチは円山動物園や、青少年科学館など行きました。

 

…近場

 

 

中学以来でした「青少年科学館」。

大人になってから行くと、また面白いですね。

昔は気にも留めずに見ていた物を、

また違った視点から見て興味が出る。

なるほど、こういう原理でこうなるのかってね。

 

 

 

「2メートルダッシュ」やら反射神経チェックやら

いろいろ実験をやってみたかったのですが、

如何せん激混みで子供が多いし(ウチも子連れですが)。

 

 

体の使い方でヒントになりそうでしたが…

 

他の子を差し置いて大人がやるわけにはいきませんな。

ずっと堪えてましたけどね。

 

 

 

そんな話はさておいて。

 

患者さんで、なかなかストイックな野球少年がいまして。

中学生なんですけども、なんと言いますか、

ヒマさえあれば鍛えてる。

 

 

器具すらも自分で作ったりして。

 

 

とにかく筋肉をつけようと鍛えていたので

見た感じは胸筋もついて肩幅もがっちりして

背中もムキッとした感じがあり、立派な体型でした。

 

 

…が、

 

筋肉自体の柔軟性があまりなく

そのせいか、痛めやすく、やや動きもかたく、

姿勢自体の傾きもあり…

骨盤の動きがどーのこーの…

 

 

ご両親に聞くと、「やめさせないといつまでも筋トレしてる」と。

車に乗っている時ですら筋トレ…

 

 

 

なので、筋トレを少し控えさせ、体を緩めるような体操を

教えまして。

 

 

はじめは抵抗あったでしょう。

野球の事はてんで知らないおっさんに、

筋トレ控えられて、誰でもやれそうな体操を勧められるのですから。

 

 

本人からも聞かれましたし。

「これ、どこに効くんですか?」って。

 

 

でも、体が緩むとどうなるかとか

なんで筋トレし過ぎると良くないかとか

こういう姿勢を作るとどう良いのかとかを

説明して、実際に自身の体で体感してもらって

納得いったら、ちゃんと続けてやってくれていますね。

 

 

 

スポーツをストイックにやっている子達って

自分が信じてやっているトレーニングとか

ストレッチだとかを他人に口を出されると面白くないです。

 

まあ、誰だってそうか。

 

 

 

どうすりゃ、うまく体を使えるのか

なにすりゃ、体のケガにつながってしまうのか

普段なにをすると良いのか

 

 

そんなのを教えて、認識してもらう事もウチらの役割ですもんで。

 

 

よくあるストレッチとかトレーニングを教えて

ただ、「ほら、ここの筋肉に効いてますでしょ♩」

「わかりますでしょ♩」とかって、

「(-_-;ウーン

って思ってしまいますし。

 

適当に自分でトレーニング本やらストレッチ本買って読みゃ

誰でも出来ますし♩

 

 

 

 

 

なので、もし部活動などしている子達。

練習やジムとかでも、

(はて?このトレーニングの意味は?)

(この練習の目的は?)

(なんでストレッチなんかすんの?)

(なんでこのポジションやらされたの?)

 とかって疑問がわいたら納得出来るまで聞くといいですよ。

 

 

理由も分からずにただやってても

効果は薄いですよ。

 

 

 

 

 

ちなみにその患者さんは体操を真面目にやってくれているので

筋肉のムダな硬さがなくなってきましたね。

体の傾きも段々なくなってきたし。

 

まあ、アスリートにはゴリついた筋肉は不必要ということで。

 

 

月寒はーと整骨院からお送り致しました。

0 コメント

足の指、使おう

GWが近づいてきました。

 

みなさん、もう連休気分でしょうか。

 

どうも、月寒はーと整骨院の中村っぽいです。

 

 

いつも突然ですが、足の指、使ってます?足の裏に刺激与えてます?

 

アーチが落ちてしまって扁平足、指が根っこから曲がらない。そんな人が多いですよ。

足つぼマットありますよね。

ダメな人は、足乗っけるだけでも痛いと思います。

 

 

なぜでしょう?

 

個人的な意見ですが、体のバランスが良くない人が、足つぼも痛く感じるんではないかなと。

 

足の裏にはアーチがありましてね。3カ所。

 

1.踵から親指に向かうアーチ

2.踵から小指に向かうアーチ

3.親指から小指に向かうアーチ

 

体のバランスが良くない人は、足の裏にかかる体重もきれいに分散されないという事で、例えば外側に体重が乗っている人は、外側のアーチが落ちてしまったりとか。

 

単純に、立ちっぱなしの仕事の人は、全体的にアーチが落ちて扁平足になったりだとか。

 

 

で、アーチが落ちましたけど、なにか不都合でも?

という方、

 

アーチが落ちると、

まずクッション性が低下しますわな。(最初ふかふか布団だったのに、年月経ってせんべい布団的な。)

指でつかむ力が低下することで、足の裏からのポンプ作用が低下して、むくみや冷え、こむら返りも起きやすくなりますわな。

外反母趾、O脚にもなりやすいですわな。

結果、肩こり腰痛にもつながりますわな。

 

 

不都合ばかり。

 

だから普段から足の指で「グーチョキパー」とか、アーチ部分に刺激を与えたりとかした方がいいんですね。

 

僕も日常からよく指を動かしたり、足の裏のツボを刺激してるので、かなり深い「グー」を作れます。

なんならその状態で立てます。

続きを読む 0 コメント

一升餅行事

ウチのテレビの前に、お手製の柵がありまして。

網のやつを結束バンドで繋いだもの。

 

下の娘がそこでつかまり立ちをしていてバランスを崩し、転んだところに結束バンドの切断面が、ほっぺたに「シュッ」と。

 

「るろうに剣心」みたいになってしまいました…

 

どうも、中村と言います。

 

 

 

昨日は一升餅の日で、実家へ行きました。

久しぶりに実家のじぃじばぁばに会うから人見知りして泣くんじゃないかなと思っていました。

 

それが、意外や意外、みずからばぁばに抱かさりに行きました。

いいね、世渡り上手。

 

 

 

一升餅も背負って3歩くらい歩きましたね。

 そして、カード選び?

そろばんや、ボールやえんぴつ、財布、ギターなどが描いたカードを選ばせて将来の職業とか才能を占うそうです。

 

ウチの子は、真っ先に「財布」を選びました。

 

「おい、金か!?」。

うん、よろしゅう。

 

 

 

赤ちゃん特有の、がに股で歩くのって可愛いですよね。

 

 

最近では歩くのが楽しいみたいで、抱っこしてても「えぇい、わたしゃ、歩きたいんじゃい!」的に身をよじり降りようとします。

そうやってもっと歩くようになり、筋肉が発達し、股関節の形成もしっかりして、普通に歩けるようになるんですね

まだ進化の過程ですもんね。

 

 

この時期は股関節がしっかりしていないので、がに股だからといって、足をムリに内側に入れたり引っ張ったりは、絶対におやめ下さいね。

外れるよ。

 

 

で、思い出したんですが、そういえば「ずんずん体操」ってなんだっけ?と思って、画像検索してみたんです。

画像見た瞬間、「はっ!?バカなの!?」と思ってしまいました。

 

 

無知とは恐ろしいものです。

無知の者が、間違ったことを親御さん方に広めていた。腹立つわ。

被害者出ないことには捕まらないんでしょうが、死亡者出てからでは遅いですよね。

被害者が子供というのは心が痛い。

 

みなさんも、ワケの分からないようなものに大事なお子様を差し出さないよう、お気をつけ下さい。

 

 

 

 

 

 --------------------------------------------

月寒はーと整骨院 ℡011-876-0338

整体/整骨院/キュアフェイス、キュアフィットできるお店。

交通事故に遭ったら月寒はーと整骨院へ(^^)/

小顔矯正姿勢調整に興味ある方も

〒062-0053

札幌市豊平区月寒東3条4丁目3-14

--------------------------------------------

 

1 コメント

度を超えちゃだめ

「雪印パーラー」が移転して、今だけ半額が気になる、月寒はーと整骨院の甘党中村です。

 

 

昨日、定山渓に行ってきました。

温泉入りにではないです。

 

これ見に。

続きを読む 0 コメント

いごっそうじゃにゃー

「月寒はーと」のイントネーションについて。

 

「アマチュアルール」じゃなくて、「昼からバイト」っていうイントネーションが正解ですが、細かいからどうでもいいですね。

 

 

どうも、中村です。月寒はーと整骨院から来ました。

 

 

高知県へ旅行に行った方からいただいた、パンフレット。

続きを読む 0 コメント

土起こし

自転車通勤、始めました。風強い。

 

 

どうも、月寒はーと整骨院 from NAKAMURA TRIBE です。

 

 

昨日、家の庭の土を起こしまして。良い野菜は良い土からという事で。

続きを読む 0 コメント

新生活スタート

いやあ、暖かい。春です。

 

土から、花の芽が出ています。

本州では桜が咲いています。

 

お花見のゴミ処理のルールは守りましょう。

 

 

どうも、月寒はーと整骨院 feat. NAKAMURAです。

 

 

通勤時にも、新社会人らしきフレッシュな方々を見かけるようになりました。

 

着慣れないスーツ

はき慣れないヒール

 

 

 

ヒールなんか、女の子は大変ですね。

 

ぱっと見、(ああ、普段履いてないんだな)って分かりますよね。

歩き方、ハトみたいだからね。

 

 

ただ、ヒールに慣れるということは、踵が上がった状態に伴って、ムクミや体のゆがみも形成されていくという事ですからね。

 

(ヒールも履き慣れてきたし、そろそろ一人前かしら、あたし)

 

そう、ゆがみが一人前に出来上がったんですね、残念。

 

 

 

 

 

社会人といえども、つい最近まで学生だった方々が多いですよね。

 

4月でなんとか学生気分を脱却し、「よっしゃ、頑張るで!」からの、5月の大型連休でズウゥゥン。

ツンデレか。

 

連休でまたOFFモード。

(なんか、また仕事やるのイヤだなあ)ってなりませんかね?

 

やる気スイッチを押せるのでしょうか。

 

 

 

 

 

ところで最近は、裁判所でも労働者の権利を保護する方向の判決が出されるようになってきましたよね。

 

労働者の権利は、法で認められています。

 

「雇われているからしょうがない」
「社長の言うことだから逆らえない」
「会社に逆らってクビになったら…」

そんなもの、バカげてます。

 

 

新人だから、世の中を知らないと思って簡単に言いくるめられてしまうんです。

洗脳ですよね。

 

 

 

 

(ウチの会社って変かな?これが当たり前なのかな?)と思ったら、誰かに相談してみましょう。

 

「その会社、ブラックだわ」と言われたらブラックでしょう。

 

 

 

「お前は新人だから働け!」

「新人に休みなんていらないんだよ!」

こんな悪しき風習が早く消え去ればいいのに。

 

 

 はい、コラムニストかぶれになる前にやめます。

 

 

 

 

タイヤ交換しました。

友人の車屋で。

 

「ブレーキパッドが半分以下になってるわ」と言われまして。僕は車の事は、てんで分かりませんのでね。

ブレーキパッドって消耗品扱いなんですね。

勉強になりました。

 

たまたまそこに、消防士をやっている同級生も遊びに来ていまして。

 

「大丈夫だ、事故って挟まったら助けてやる」って。

「挟まってからじゃ遅いわ!」

 

 

でわ。

 

 

 

 

 

 --------------------------------------------

月寒はーと整骨院 ℡011-876-0338

整体/整骨院/キュアフェイス、キュアフィットできるお店。

交通事故に遭ったら月寒はーと整骨院へ(^^)/

小顔矯正姿勢調整に興味ある方も

〒062-0053

札幌市豊平区月寒東3条4丁目3-14

--------------------------------------------

0 コメント

江別の遊び場

先日、江別の某ショッピングセンター内の、室内で子供を遊ばせるとこに行ってきました。

 

どうも、月寒はーと整骨院・with・中村です。

 

 

そこには、滑り台や、カラーボールのプールがあったり、ボルダリング、絵本コーナー、赤ちゃん専用遊びスペース。

などなど、子供には楽しい遊び場ですね。

 

人数制限があり、混んでましたね。

 

 

中でも、ネットに囲まれた滑り台とかあるメインの場所は人気なんですね。

 

子供と、親も一緒に入って走り回ったり。

 

 

やはり、子供と一緒に体を動かす役目の多くはパパでした。

 

 

僕も、上の子とともにそこに入って「キャッキャ、キャッキャ」して遊び、場所によっては天井が低いのでね、頭上を気にしながら亀のように首を引っ込めたり、四つん這いで進まないといけないところもあり、そんな疲れがありましたね。

 

下の子はママとボールのプールに埋もれて遊んでいました。

 

 

 

そして、施設内に気になった注意書きがあり、「個人情報の保護のため、写真撮影は1,2枚にして下さい」という内容。

 

 

最近はSNSに写真を載せる事が多くなっているので、不用意に他人様の子供が載った写真はよろしくないんですね。

どんな人が見るか分からない。

そんな時代です。

 

 

 

銭湯とかも子供だからって男湯に娘と一緒に入ると、どんな輩がいるか分かりません。

そんな時代です。

 

 

ウチも2人とも女の子なので、「男湯なんぞに入れるもんか!」と思っています。

 

 

 

 

さて、ひたすら遊んだ後、ママの「アイス食べに行こうか」の提案に乗り、ぐずる事なく江別を後にしました。

 

北広島のジェラート屋さんなんです、目的地。

到着を待てず疲れ果てて子供達、車内で眠りましたね。

 

 

お姉ちゃん、ごめんよ、パパとママだけで食べる事にするよ…

 

 

車内で2人でムシャムシャ食べていまして。

ジェラート買った後、店の外で両手にジェラートを持って、ポーズを決めてお連れの方に写真を撮ってもらっている女子が。

 

 

 

「あの写真をSNSに載せるんだろうね、あの子は」

「ああ、なんで写真撮らんかったべな、ウチら…」

と車内でつぶやいていました。

 

 

美味しい物をまず写真に撮るという発想が浮かばないという悲しさ。

 

でも、世の中に後れを取るのも悔しいから、ちゃんと写真撮るようにしていこう!と思ってみました。

 

 

 

お姉ちゃんはお昼寝から起きた後、ママとシェークを買いに行きました。

 

 

 

 

 

--------------------------------------------

月寒はーと整骨院● ℡011-876-0338

整体/整骨院/キュアフェイス、キュアフィットできるお店。

交通事故に遭ったら月寒はーと整骨院へ(^^)/

小顔矯正姿勢調整に興味ある方も

〒062-0053

札幌市豊平区月寒東3条4丁目3-14

--------------------------------------------

2 コメント