施術者の影響

ずっと別の整体院に通っていたという患者さん(Aさん)のお話。

 

ーーーーーーーー

 

Aさんは、とある整体院に通っていました。

いつも同じ先生に施術をしてもらって、調子も良かったそうです。

 

 

残念ながらその先生が整体院を辞めてしまい、それ以降は別の先生に施術をしてもらっていたそうです。

しかし、その先生に施術されて以降、以前のように調子は改善されなかったと。

(まあ、行かないよりはいいか)と思い、仕方なく続けて通っていました。

 

 

いつものように施術を受けた次の日、何故かAさんの首が動かなくなっていたのです。

特に強い施術でもなく、むしろ以前の先生よりも弱い施術。

バキバキはしていません。

数日経過してからは動くようになったそうなのですが、何故あんな事になったのか。

 

ーーーーーーーー

 

 

「あれ、なんでだろう」と聞かれました。

 

僕が「寝違えたんですか?」と聞いても、そうでもなさそう。

「じゃあ、もしかしたらその先生の状態が良くなかったのかも知れないすね。力が抜けてなかったり。」

という会話をしていたらAさんがハッとして、「そういえば何回か治療受けたけど、いっつも愚痴ばっか聞かされてたわ。会社の愚痴とか…」

「首動かなくなる前の日は、とうとう前の先生の悪口言い出したから…」

 

 

あら、それかしら?

 

 

改めて勉強になりました。

施術者の状態が患者さんに影響する。

 

せっかく影響させられるなら、人には良い影響を与えたいものですな。

 

 

 

 

 

と、全然関係ない話しになりますが、先日昼休み中、コンビニへ行こうと公園の中を歩いていた時のことです。

雨が降っていたので傘を差しながら、公園内の遊歩道を歩いていました。

すると、木から降りてきたのか2羽のカラスが目の前に立ちふさがりました。

(お?いつの間に)と思い、ふと後ろを見ると、後ろにもカラスが2羽。

 

 

(あ、囲まれた)。

そして、カラス達が「カァーッ!カァーッ!」と鳴き出しました。

 

「うわっ、キモい」と、早足で去っている時です。

背後の木の上から5羽目のカラスが飛んできて、僕の傘にアタックしてUターン。

 

もう、怖いんじゃなくて、ムカつきますよね。

舌打ちしましたもんね。

どうせまた背後からフライングアタックして来るんだろうと構えていました。

(ほらほら、バック取った気でいる)

(ほーら、来た馬鹿め)

 

近くまで飛んで来たところを傘でドーンと威嚇したら方向転換して木に戻りました。

 

その間、他の手下どもはずっと鳴いてたので、本当に気持ちが悪かったですよね。

 

 

 

その日のニュースで、「カラスの雛が巣立ちの時期に入っていますので、人を襲います。気を付けてください」と。

 

 

巣立ちなんかねえ、こちとら知ったこっちゃないんですわねぇ。

大人しく巣立てばよろしかろうよ…

0 コメント

膝、リハビリ、筋トレ?

先日、変形性膝関節症の方がいらっしゃいまして。

 

変形性膝関節症とは、膝の軟骨が減って炎症が起こって水が溜まって変形して痛くてどーのこーの。

細かい事知りたい方はgoogleさんへ。

 

 

 

整形外科で注射打ってリハビリしてという治療をされているようで。

お医者さんには「注射打たないと痛いままだよ」と言われるから不安なので定期的に行っている。

でも改善されない。

お医者さんが不安を煽る恐怖…

 

 

 

 

病院のリハビリでは、膝回りの筋肉を強化。

あとは自宅でも、指導された筋力トレーニングしたり、恐らく自己流になってしまった強いストレッチ。

 

 

日常生活も、けっこう活動的な方です。

運動もされています。

痛みを軽くしたい一心で、真面目な方ほど自宅で一生懸命トレーニングをしてしまいます。

 

 

「膝を鍛えるために、家でもこの筋力トレーニングしてください」

「こういうストレッチをちゃんとやっておいてください」

と言われてやってても、強さとか伸ばし方の具合を教わっていないので完全自己流になるんです。

 

そのせいで膝回り硬くして、回復も遅れているのでは…

 

 

ちゃんと教えられる人が行うリハビリはとても良いものです。

しかし、「変形性膝関節症にはこのトレーニングが良いらしい」くらいの認識しかなければ逆に膝を壊してしまうかも知れません。

 

 

そもそもこの患者さん

筋力あるのに筋トレ必要かね?

 

筋力低下している人なら効果的ですけど…

 

 

とにかく膝回りだけの筋肉を使わせているので、そりゃあ硬くもなりますね。

その部分的な硬さは体全体に伝搬します。

体の使い方がこじれます。

嫁姑問題。

 

 

「まずは日常生活での体の使い方をうまく出来れば、全体的にも楽に程よく筋肉が使われるので部分的な筋トレなんて必要ないよ、楽に動ければ膝の負担も減っていくよ」論です。

 

 

リハビリによっては、やり方、指導方法の誤解によって逆効果になり得るものも往々にしてありますので、疑問に感じたらどんどん突っ込んで聞いてみるとよろしいですよ。

(こんな事聞いて嫌がられたらどうしよう)とは思わずに。

突っ込んで聞かれてイヤな顔する人なんていないですから。

 

 

よく僕も突っ込んで聞かれますけどね。

その分、テンション上がって施術時間が伸びてしまうことも…

 

 

まあ、必要以上の筋トレは必要ないよということで。

0 コメント

何の為に骨盤矯正?

開いた骨盤を戻したいから?

下半身も締まる?

ダイエット効果?

 

 

先日いらした方。

仮に骨盤子さんとします。

 

骨盤子さんは産後の骨盤を戻したいと、とあるお店の骨盤矯正に通い始めました。

先生の矯正を受け、骨盤回りのトレーニングや、自宅でのトレーニングも指導されました。

 

骨盤子さんは真面目なので、自宅で実践していたようです。

 

すると、どうでしょう。

 

 

数日後、人生初のギックリ腰になってしまいましたとさ。

 

 

 

 

 

これは、骨盤矯正コースの一般的な内容だと思います。

骨盤子さんは、先生の言われた通りに実践していただけです。

 

 

でも、骨盤子さんにとっては楽な骨盤の位置じゃなかったのかも知れません。

辛い骨盤の位置にムリヤリ収めて筋肉で押さえつけようとして、逆に体を固めてしまった例ではないでしょうかね。

 

 

鉄筋の入ってないコンクリート造りって脆いです。

だから、木造の免震構造の方が良い。

変に部分的なトレーニングして体固めるよりも、楽な体の位置を覚えた方が体に優しいし楽。

 

 

多分、教えてる側の人達もそんなトレーニングやり続けてないですよ。

めんどいし疲れるし。

そもそも自分が慢性症状抱えてしまってる。

 

 

 

自分がやってない事を教えるのは気が引けるので、体の辛い方には僕が毎日やっている体操やら呼吸やら動きやらをお教えしています。

 

 

自分がやってて楽だし簡単だし整うし四六時中できるし。

 

 

 

しかし、シンプルな事でも毎日続けていくと、人間ですから徐々に我流が出てきます。

最初に言われた通りにやっていたつもりですが、自分でも気づかずにクセが出ていたようだったので、ちゃんと元の線路に戻してもらいました。

 

 

 

トレーニングの必要性、不必要性。

何で骨盤をこの位置に矯正するのか、しない方がいいのか。

日常生活の動きをどうしたら痛めないのか。

 

それをちゃんと知った上で患者さんに、本当の意味での楽な動きやその人にとっての良い姿勢などを伝えることが出来るのではないかと思います。

 

 

 

いや、正直僕もまだまだですけど。

 

 

 

「痛めたのはあなたのやり方が良くないんだよ」

「骨盤が戻る課程でそういう事あるよ」

「骨盤戻したいなら我慢して」

 

って言われて(あぁ、そうなんだ)って思わされがちなんです。

 

でも正直、

 

 

すべて施術者の責任です

 

 

 

 

患者さんが申し訳なさを感じる事はないのです。

 

痛むも痛まないも、治るも治らないも、施術者の問題なのです!

 

ドーーーン!!

 

 

まあ、「骨盤」は大事だよということで。

(^_^)ノシ

0 コメント

いろんな整体

ごちゃごちゃになっていた過去のブログ達をテーマ別に分けてみました。

 

分けてはみたんですが、テーマが多くなってしまい、

今度はバラバラ。

んで、雑談テーマが多すぎる。

 

まあ、ヒマだったら見てやってください。

 

 

 

さて、整体整体言いますけど、そもそも「整体」って何でしょう。

 

整体院に行ったことある方も多いでしょう。

バキバキやる整体もあれば、モミモミしかしない整体もあります。

道具しか使わない整体。

体に触らない整体etc…

 

 

「バキバキはイヤだから、ソフトの整体で」

「強いのが好きだから、強押ししてくれるとこ」

 

 

整体も、すごく好みが分かれるジャンルではないでしょうか。

ラーメン屋のように。

 

 

いろいろなニーズがありますから。

ウチも初診の方の問診は、最低限丁寧にやっているつもりです。

 

 

ですが、ギックリ腰で来院して、座っているのもやっと。

そんな患者さんに、「この痛みというのはうんたらかんたら…」

「当院ではこういう矯正法がありましてどーのこーの…」

過剰な問診。

 

 

そんなの患者さんからしたら、「辛いんだからさっさとやってくれ!」と。

 

 

って、

 

 

ウチにいらした患者さんが、そういうトコに行った事があると。

「マニュアルどーでもいーからこの腰何とかしてよ」って。

 

 

まあ、難しいものですね。

「臨機応変に動いて!」

昔勤務していた時の整骨院の先生がよく言ってました。

ベッド、待ち合いが一杯になってきたらわっちゃわちゃになるわけです。

 

 

んで、「早く手をかけて早く電気かけて」の意を込めて「臨機応変」。

そんな急かされて動いている僕らを見て、患者さんも早く移動せねばならんと思い、焦る焦る。

かえって、整骨院来て息上がってるんじゃないかと。

整骨院来て疲れて帰る(笑)。

 

 

焦り、イライラは伝達しますよね。

 

 

 

 

ん、整体の話しだった。

 

「肩こりはマッサージじゃ治らない!」とか「バキバキは体に負担がかかって良くない!」とかって言われますよね。

僕も以前、そう思っていたフシがありますけどね。

ブログ整理してたら、過去にもブログで書いてましたしね…すんません。

 

 

 

事実、マッサージやバキバキだけで治している先生もいっぱいいます。

結局なんだかんだで、肩こりはマッサージだけで治る人もたくさんいるということです。

ただし、ちゃんとした先生がやれば

 

 

 

資格の種類なんかは関係ないんでしょうね。

資格があろうがなかろうが、ちゃんとした先生だったら何をやっても「治す整体」。

 

 

 

安心と信頼の整体師。

 

 

 

そんな治療家に

 

 

私はなりたい

 

 

 

 

あ、なんか胡散臭い…

0 コメント

またギックリするヒト

先日、ギックリ腰の患者さんがいらっしゃいましてね。

 

ギックリ腰や寝違いの方、多くいらっしゃるんですけど、

みなさん来院時はもちろん

痛がってきますね。当たり前ですね。

 

前屈みになってたり、グッと肩に力が入っていたり。

 

 

それと、「笑顔がない」。

 

あ、当たり前か。

 

 

そんな余裕ありませんね。

 

 

ギックリ腰で痛い。

痛みを我慢して全身が緊張する。

顔の筋肉も強ばる。

 

眉間にしわ寄って笑えやしない。

 

 

顔だけ見ても痛みの度合いが分かります。

 

 

でも、施術してる最中に体の力が

緩んでくるのが分かったり、

話してて笑ってくれたりすると、

(あ、だいぶ楽になってきたんだな(^_^))という指標に

なるわけです。

 

 

以前、勤務していた頃もギックリ腰や寝違いの方は

多くみえてたんですけど、

当時の僕は、(よし!この治療で良くするぜ!)と

意気込みすぎ、集中し過ぎで失敗することもありました。

 

 

「あれ?なんでこれで良くなんないのかな?」

「ん、んん?おかしいんだな」

と、焦っては良くない。

 

 

 

ギックリ腰、寝違いが起きた時も

「あぁ、痛い!治らない!」

と思い続けていると、本当に痛みが続いて

しまいますよね。

 

 

大抵の方は、痛みが起こって治療院行って

ストレッチとか体操教えてもらって家で実践するんです。

 

 

「痛い時は」ですけどね。

みなさん痛みがなくなればやらなくなるんです。

 

 

んで、また痛む。

の繰り返し。

 

 

 

痛みがある時だけじゃなくて

痛くない時でもやりましょうという事。

そうすることでちゃんと体が覚えてくれるはず。

 

 

 

テスト前の一夜漬けと一緒ですよね。

テスト終わってしまえば、覚えた事なんて忘れる短期記憶。

毎日すこしずつやれば長期記憶になって忘れない。

 

 

 

「毎日、辛くない動きを体に覚えさせているからギックリ腰、寝違いになんかならない」

「あなたがたの入る余地はこの体にはありません」

 

そんなことを思っていても良いのかも知れませんね。

 

 

 

 

 

ちなみに、その後も別のギックリ腰の方が見えまして。

朝起きてギックリして、なんとかかんとか会社には行かれたそうで。

でも上司に「歩き方がゴリラみたいになってるから今日は帰りなさい」と言われ、

帰りがけにウチに来たそうです。

 

想像以上に腰伸びてなかったですからね。

 

 

でもちゃんと施術後は、ゴリラ属からヒトに進化して帰られたので

良かったですね。

 

 

 

 

月寒はーと整骨院は、霊長類を応援します。

0 コメント

施術者の影響

ずっと別の整体院に通っていたという患者さん(Aさん)のお話。

 

ーーーーーーーー

 

Aさんは、とある整体院に通っていました。

いつも同じ先生に施術をしてもらって、調子も良かったそうです。

 

 

残念ながらその先生が整体院を辞めてしまい、それ以降は別の先生に施術をしてもらっていたそうです。

しかし、その先生に施術されて以降、以前のように調子は改善されなかったと。

(まあ、行かないよりはいいか)と思い、仕方なく続けて通っていました。

 

 

いつものように施術を受けた次の日、何故かAさんの首が動かなくなっていたのです。

特に強い施術でもなく、むしろ以前の先生よりも弱い施術。

バキバキはしていません。

数日経過してからは動くようになったそうなのですが、何故あんな事になったのか。

 

ーーーーーーーー

 

 

「あれ、なんでだろう」と聞かれました。

 

僕が「寝違えたんですか?」と聞いても、そうでもなさそう。

「じゃあ、もしかしたらその先生の状態が良くなかったのかも知れないすね。力が抜けてなかったり。」

という会話をしていたらAさんがハッとして、「そういえば何回か治療受けたけど、いっつも愚痴ばっか聞かされてたわ。会社の愚痴とか…」

「首動かなくなる前の日は、とうとう前の先生の悪口言い出したから…」

 

 

あら、それかしら?

 

 

改めて勉強になりました。

施術者の状態が患者さんに影響する。

 

せっかく影響させられるなら、人には良い影響を与えたいものですな。

 

 

 

 

 

と、全然関係ない話しになりますが、先日昼休み中、コンビニへ行こうと公園の中を歩いていた時のことです。

雨が降っていたので傘を差しながら、公園内の遊歩道を歩いていました。

すると、木から降りてきたのか2羽のカラスが目の前に立ちふさがりました。

(お?いつの間に)と思い、ふと後ろを見ると、後ろにもカラスが2羽。

 

 

(あ、囲まれた)。

そして、カラス達が「カァーッ!カァーッ!」と鳴き出しました。

 

「うわっ、キモい」と、早足で去っている時です。

背後の木の上から5羽目のカラスが飛んできて、僕の傘にアタックしてUターン。

 

もう、怖いんじゃなくて、ムカつきますよね。

舌打ちしましたもんね。

どうせまた背後からフライングアタックして来るんだろうと構えていました。

(ほらほら、バック取った気でいる)

(ほーら、来た馬鹿め)

 

近くまで飛んで来たところを傘でドーンと威嚇したら方向転換して木に戻りました。

 

その間、他の手下どもはずっと鳴いてたので、本当に気持ちが悪かったですよね。

 

 

 

その日のニュースで、「カラスの雛が巣立ちの時期に入っていますので、人を襲います。気を付けてください」と。

 

 

巣立ちなんかねえ、こちとら知ったこっちゃないんですわねぇ。

大人しく巣立てばよろしかろうよ…

0 コメント

膝、リハビリ、筋トレ?

先日、変形性膝関節症の方がいらっしゃいまして。

 

変形性膝関節症とは、膝の軟骨が減って炎症が起こって水が溜まって変形して痛くてどーのこーの。

細かい事知りたい方はgoogleさんへ。

 

 

 

整形外科で注射打ってリハビリしてという治療をされているようで。

お医者さんには「注射打たないと痛いままだよ」と言われるから不安なので定期的に行っている。

でも改善されない。

お医者さんが不安を煽る恐怖…

 

 

 

 

病院のリハビリでは、膝回りの筋肉を強化。

あとは自宅でも、指導された筋力トレーニングしたり、恐らく自己流になってしまった強いストレッチ。

 

 

日常生活も、けっこう活動的な方です。

運動もされています。

痛みを軽くしたい一心で、真面目な方ほど自宅で一生懸命トレーニングをしてしまいます。

 

 

「膝を鍛えるために、家でもこの筋力トレーニングしてください」

「こういうストレッチをちゃんとやっておいてください」

と言われてやってても、強さとか伸ばし方の具合を教わっていないので完全自己流になるんです。

 

そのせいで膝回り硬くして、回復も遅れているのでは…

 

 

ちゃんと教えられる人が行うリハビリはとても良いものです。

しかし、「変形性膝関節症にはこのトレーニングが良いらしい」くらいの認識しかなければ逆に膝を壊してしまうかも知れません。

 

 

そもそもこの患者さん

筋力あるのに筋トレ必要かね?

 

筋力低下している人なら効果的ですけど…

 

 

とにかく膝回りだけの筋肉を使わせているので、そりゃあ硬くもなりますね。

その部分的な硬さは体全体に伝搬します。

体の使い方がこじれます。

嫁姑問題。

 

 

「まずは日常生活での体の使い方をうまく出来れば、全体的にも楽に程よく筋肉が使われるので部分的な筋トレなんて必要ないよ、楽に動ければ膝の負担も減っていくよ」論です。

 

 

リハビリによっては、やり方、指導方法の誤解によって逆効果になり得るものも往々にしてありますので、疑問に感じたらどんどん突っ込んで聞いてみるとよろしいですよ。

(こんな事聞いて嫌がられたらどうしよう)とは思わずに。

突っ込んで聞かれてイヤな顔する人なんていないですから。

 

 

よく僕も突っ込んで聞かれますけどね。

その分、テンション上がって施術時間が伸びてしまうことも…

 

 

まあ、必要以上の筋トレは必要ないよということで。

0 コメント

何の為に骨盤矯正?

開いた骨盤を戻したいから?

下半身も締まる?

ダイエット効果?

 

 

先日いらした方。

仮に骨盤子さんとします。

 

骨盤子さんは産後の骨盤を戻したいと、とあるお店の骨盤矯正に通い始めました。

先生の矯正を受け、骨盤回りのトレーニングや、自宅でのトレーニングも指導されました。

 

骨盤子さんは真面目なので、自宅で実践していたようです。

 

すると、どうでしょう。

 

 

数日後、人生初のギックリ腰になってしまいましたとさ。

 

 

 

 

 

これは、骨盤矯正コースの一般的な内容だと思います。

骨盤子さんは、先生の言われた通りに実践していただけです。

 

 

でも、骨盤子さんにとっては楽な骨盤の位置じゃなかったのかも知れません。

辛い骨盤の位置にムリヤリ収めて筋肉で押さえつけようとして、逆に体を固めてしまった例ではないでしょうかね。

 

 

鉄筋の入ってないコンクリート造りって脆いです。

だから、木造の免震構造の方が良い。

変に部分的なトレーニングして体固めるよりも、楽な体の位置を覚えた方が体に優しいし楽。

 

 

多分、教えてる側の人達もそんなトレーニングやり続けてないですよ。

めんどいし疲れるし。

そもそも自分が慢性症状抱えてしまってる。

 

 

 

自分がやってない事を教えるのは気が引けるので、体の辛い方には僕が毎日やっている体操やら呼吸やら動きやらをお教えしています。

 

 

自分がやってて楽だし簡単だし整うし四六時中できるし。

 

 

 

しかし、シンプルな事でも毎日続けていくと、人間ですから徐々に我流が出てきます。

最初に言われた通りにやっていたつもりですが、自分でも気づかずにクセが出ていたようだったので、ちゃんと元の線路に戻してもらいました。

 

 

 

トレーニングの必要性、不必要性。

何で骨盤をこの位置に矯正するのか、しない方がいいのか。

日常生活の動きをどうしたら痛めないのか。

 

それをちゃんと知った上で患者さんに、本当の意味での楽な動きやその人にとっての良い姿勢などを伝えることが出来るのではないかと思います。

 

 

 

いや、正直僕もまだまだですけど。

 

 

 

「痛めたのはあなたのやり方が良くないんだよ」

「骨盤が戻る課程でそういう事あるよ」

「骨盤戻したいなら我慢して」

 

って言われて(あぁ、そうなんだ)って思わされがちなんです。

 

でも正直、

 

 

すべて施術者の責任です

 

 

 

 

患者さんが申し訳なさを感じる事はないのです。

 

痛むも痛まないも、治るも治らないも、施術者の問題なのです!

 

ドーーーン!!

続きを読む 0 コメント

いろんな整体

ごちゃごちゃになっていた過去のブログ達をテーマ別に分けてみました。

 

分けてはみたんですが、テーマが多くなってしまい、

今度はバラバラ。

んで、雑談テーマが多すぎる。

 

まあ、ヒマだったら見てやってください。

 

 

 

さて、整体整体言いますけど、そもそも「整体」って何でしょう。

 

整体院に行ったことある方も多いでしょう。

バキバキやる整体もあれば、モミモミしかしない整体もあります。

道具しか使わない整体。

体に触らない整体etc…

 

 

「バキバキはイヤだから、ソフトの整体で」

「強いのが好きだから、強押ししてくれるとこ」

 

 

整体も、すごく好みが分かれるジャンルではないでしょうか。

ラーメン屋のように。

 

 

いろいろなニーズがありますから。

ウチも初診の方の問診は、最低限丁寧にやっているつもりです。

 

 

ですが、ギックリ腰で来院して、座っているのもやっと。

そんな患者さんに、「この痛みというのはうんたらかんたら…」

「当院ではこういう矯正法がありましてどーのこーの…」

過剰な問診。

 

 

そんなの患者さんからしたら、「辛いんだからさっさとやってくれ!」と。

 

 

って、

 

 

ウチにいらした患者さんが、そういうトコに行った事があると。

「マニュアルどーでもいーからこの腰何とかしてよ」って。

 

 

まあ、難しいものですね。

「臨機応変に動いて!」

昔勤務していた時の整骨院の先生がよく言ってました。

ベッド、待ち合いが一杯になってきたらわっちゃわちゃになるわけです。

 

 

んで、「早く手をかけて早く電気かけて」の意を込めて「臨機応変」。

そんな急かされて動いている僕らを見て、患者さんも早く移動せねばならんと思い、焦る焦る。

かえって、整骨院来て息上がってるんじゃないかと。

整骨院来て疲れて帰る(笑)。

 

 

焦り、イライラは伝達しますよね。

 

 

 

 

ん、整体の話しだった。

 

「肩こりはマッサージじゃ治らない!」とか「バキバキは体に負担がかかって良くない!」とかって言われますよね。

僕も以前、そう思っていたフシがありますけどね。

ブログ整理してたら、過去にもブログで書いてましたしね…すんません。

 

 

 

事実、マッサージやバキバキだけで治している先生もいっぱいいます。

結局なんだかんだで、肩こりはマッサージだけで治る人もたくさんいるということです。

ただし、ちゃんとした先生がやれば

 

 

 

資格の種類なんかは関係ないんでしょうね。

資格があろうがなかろうが、ちゃんとした先生だったら何をやっても「治す整体」。

 

 

 

安心と信頼の整体師。

 

 

 

そんな治療家に

 

 

私はなりたい

 

 

 

 

あ、なんか胡散臭い…

0 コメント

またギックリするヒト

先日、ギックリ腰の患者さんがいらっしゃいましてね。

 

ギックリ腰や寝違いの方、多くいらっしゃるんですけど、

みなさん来院時はもちろん

痛がってきますね。当たり前ですね。

 

前屈みになってたり、グッと肩に力が入っていたり。

 

 

それと、「笑顔がない」。

 

あ、当たり前か。

 

 

そんな余裕ありませんね。

 

 

ギックリ腰で痛い。

痛みを我慢して全身が緊張する。

顔の筋肉も強ばる。

 

眉間にしわ寄って笑えやしない。

 

 

顔だけ見ても痛みの度合いが分かります。

 

 

でも、施術してる最中に体の力が

緩んでくるのが分かったり、

話してて笑ってくれたりすると、

(あ、だいぶ楽になってきたんだな(^_^))という指標に

なるわけです。

 

 

以前、勤務していた頃もギックリ腰や寝違いの方は

多くみえてたんですけど、

当時の僕は、(よし!この治療で良くするぜ!)と

意気込みすぎ、集中し過ぎで失敗することもありました。

 

 

「あれ?なんでこれで良くなんないのかな?」

「ん、んん?おかしいんだな」

続きを読む 0 コメント

ムダな筋肉

連休はゆっくり過ごせましたでしょうか?

 

ウチは円山動物園や、青少年科学館など行きました。

 

…近場

 

 

中学以来でした「青少年科学館」。

大人になってから行くと、また面白いですね。

昔は気にも留めずに見ていた物を、

また違った視点から見て興味が出る。

なるほど、こういう原理でこうなるのかってね。

 

 

 

「2メートルダッシュ」やら反射神経チェックやら

いろいろ実験をやってみたかったのですが、

如何せん激混みで子供が多いし(ウチも子連れですが)。

 

 

体の使い方でヒントになりそうでしたが…

 

他の子を差し置いて大人がやるわけにはいきませんな。

ずっと堪えてましたけどね。

 

 

 

そんな話はさておいて。

 

患者さんで、なかなかストイックな野球少年がいまして。

中学生なんですけども、なんと言いますか、

ヒマさえあれば鍛えてる。

 

 

器具すらも自分で作ったりして。

 

 

とにかく筋肉をつけようと鍛えていたので

見た感じは胸筋もついて肩幅もがっちりして

背中もムキッとした感じがあり、立派な体型でした。

 

 

…が、

 

筋肉自体の柔軟性があまりなく

そのせいか、痛めやすく、やや動きもかたく、

姿勢自体の傾きもあり…

骨盤の動きがどーのこーの…

 

 

ご両親に聞くと、「やめさせないといつまでも筋トレしてる」と。

車に乗っている時ですら筋トレ…

 

 

 

なので、筋トレを少し控えさせ、体を緩めるような体操を

教えまして。

 

 

はじめは抵抗あったでしょう。

野球の事はてんで知らないおっさんに、

筋トレ控えられて、誰でもやれそうな体操を勧められるのですから。

 

 

本人からも聞かれましたし。

「これ、どこに効くんですか?」って。

 

 

でも、体が緩むとどうなるかとか

なんで筋トレし過ぎると良くないかとか

こういう姿勢を作るとどう良いのかとかを

説明して、実際に自身の体で体感してもらって

納得いったら、ちゃんと続けてやってくれていますね。

 

 

 

スポーツをストイックにやっている子達って

自分が信じてやっているトレーニングとか

ストレッチだとかを他人に口を出されると面白くないです。

 

まあ、誰だってそうか。

 

 

 

どうすりゃ、うまく体を使えるのか

なにすりゃ、体のケガにつながってしまうのか

普段なにをすると良いのか

 

 

そんなのを教えて、認識してもらう事もウチらの役割ですもんで。

 

 

よくあるストレッチとかトレーニングを教えて

ただ、「ほら、ここの筋肉に効いてますでしょ♩」

「わかりますでしょ♩」とかって、

「(-_-;ウーン

って思ってしまいますし。

 

適当に自分でトレーニング本やらストレッチ本買って読みゃ

誰でも出来ますし♩

 

 

 

 

 

なので、もし部活動などしている子達。

練習やジムとかでも、

(はて?このトレーニングの意味は?)

(この練習の目的は?)

(なんでストレッチなんかすんの?)

(なんでこのポジションやらされたの?)

 とかって疑問がわいたら納得出来るまで聞くといいですよ。

 

 

理由も分からずにただやってても

効果は薄いですよ。

 

 

 

 

 

ちなみにその患者さんは体操を真面目にやってくれているので

筋肉のムダな硬さがなくなってきましたね。

体の傾きも段々なくなってきたし。

 

まあ、アスリートにはゴリついた筋肉は不必要ということで。

 

 

月寒はーと整骨院からお送り致しました。

0 コメント

慢性腰痛専門…

たまに、てきとーに全国の整体院や整骨院の

ホームページを拝見したりするのですが

「慢性腰痛専門整体院」とかっていう

慢性専門整体院がいっぱいありますね。

 

 

整形外科の先生も、病院によっては

手の専門の先生だったり、股関節専門の先生だったり、

専門によって担当のお医者さんが

分かれていることもありますね。

 

 

 

でも、整体院は理由が違うか。

 

 

 

最初にそれやった整体院は、患者さんがいっぱい来て

良かったのでしょうけども、

それを真似してみんなやり出しちゃったら

ちょっと、ねえ…

 

 

ただ、そこに行って腰痛が治ったという方が

いらしたら、それはとても良いことです。

 

 

でも前から思っていたのですが

「慢性的に肩こりなんです」とか

「首寝違えて」

「膝痛くて」

ていう患者さんが来たら…

 

 

「慢性腰痛専門」だからお引き取り願うんでしょうか?

 

 

そのあたりが疑問なのですが…

 

 

 

 

治療家になった以上、いろいろな症状を診て

学んで勉強して改善していった方が

楽しいと思うんです。

 

「木」ばっかり見ていると「森」が見えなくなるし

そのうち「木」も見えなくなっていきそうな感じ。

 

 

「森」を見ていれば、おのずと一本一本の「木」も見えてくるんじゃ

ないかなあ?…

 

 

 

 

僕は整体師であり柔道整復師なので

もちろん筋肉や骨の勉強はしていました。

 

好きですからね。

 

 

 

ただ、より深い知識を求めていくと

頭がかたくなっていっちゃうんですよね。

 

 

「ここの腰椎の間の関節は側屈した時に左に〇〇°回旋してうんちゃらかんちゃら」とか

人間の体って、関節や筋肉一つ見ても、

ひじょーーーーに複雑です。

 

 

それを勉強して発見した人もすごいし

それを完全に把握して治療をしている治療家さんは

すんんんごく尊敬します。

 

 

 

 

 

ただ、自分自身勉強していて、

ここまでやらんと治らん?

 

と疑問に感じていったんですね。

 

 

 

もちろん人間の体は複雑です。

 

でも、余計に複雑にしてるのって、治療家さん自身だったりします。

「ここの関節をこっちの方向に〇〇°矯正しないと治らない」とか。

 

 

 

別にそんなことしなくても良くなるんでないですかね?

 

 

わざわざ難解な迷路に自ら迷い込む必要はねえんでねえですかね?

 

 

シンプルに考えた方が良くなる事も多いし、

眉間にシワ作らないで済むんでねえですかね?

と、思った次第であります。

 

 

 

ん、でも、大して勉強も何もしてない人が

テクニックだけマネして、出来た気になって「どや」して

患者さんを騙してるのを見ると

僕はダークサイドに落ちそうになるので、

そこを気にせずジェダイでいたいなと思います。

 

 

 

なんの話しだか…

<(_ _)>

0 コメント

ムダな力が入る

畑起こしをしまして、若干筋肉痛です。

 

畑起こしでもなんでもそうですけど

長時間続けてやっていたら力が入ってきますね。

 

 

だから続けてやらなければいいんです。

 

しかし、

「一通りやってから」

「きりのいいとこで」

と、大体そうなってしまいます。

 

 

 

畑起こしてあらためて気づかされました。

始めは体を楽にして

体の使い方を気にして

全体を見ながら出来ていたんです。

 

 

その後どんどん続けていて夢中になり、土ばっかり見てしまい

一点集中しすぎて体に力が入っていきました。

全体が見えなくなり、

ちょっとした土の出っ張りに躓きます。

 

 

(あ、こりゃいかん)と思い、

ちょいちょい呼吸を整えつつ

体の力を抜きつつ

姿勢を楽にしつつ

 

 

 

そんな感じでやっていったら

やっぱり作業もはかどりましたね。

 

休憩して体を整えながらやった方が

速いし効率も良い。

 

 

うん、多分ね。

 

 

 

 

意外と、何かに没頭している時でも

そうでない時でも力は抜けていないもの。

 

 

試しにゆっくり大きく呼吸してリラックスして

肩の力を抜いてみると

(あ、本当はまだ肩の力抜けたんだ)と気づけると思いますよ。

 

 

 

 

それと似た感じで、例えば部活。

経験ある方も多いと思いますが、

サッカーでもバスケでもシュート練習をしてたとします。

 

 

がむしゃらに何回もやっていく程に

シュート精度が落ちていきます。

(くそ!くそ!)と思うほど力が入り

回りがみえなくなり、どんどん精度が落ちます。

 

監督にも怒られて余裕なくなるし。

 

 

 

 

そう。

やりゃあ良いってもんじゃないんですね。

 

むしろ状態が崩れてるのに、やり続ける方が良くない。

 

良い状態で、回数少なく終えた方が、

体に良いフォームをインプットしやすいと思います。

 

 

 

それが、練習の「量」より「質」という事。

 

 

 

 

なんて偉そうな事言ってますけど、

僕の高校の時は「量」も「質」もなかったですけどね。

ほぼ遊び。

 

まあ、それはそれで良し

 

では

(^o^)/~~~

0 コメント

お肌について

皮膚の実験で、皮膚の角質層を壊したあと

心理的ストレスをかけると、皮膚の回復が遅れたそうです。

肌の代謝。

ターンオーバー的なやつ。

 

 

皮膚の研究をされている方の本に書かれていました。

 

 

 

つまり心理状態が穏やかだと肌の代謝も促進されて

いつも肌が潤ってキメ細やかになるんですね。

 

 

日頃イライラしてたり怒りっぽい人は肌の代謝が遅いので

肌荒れ、シワも出来やすいそうです。

 

 

いくらエステ行ったりサプリ飲んだりプラセンタ摂取しても

日頃から穏やかでなければいけないよ。ということですね。

 

 

 

テレビで女優さんが、

「美の秘訣は何ですか?」と聞かれて

「特に何もしていないんですよ~」って答えているのを見かけますね。

 

 

(ウソつくな)と思われているでしょうけど

心理的にも穏やかで楽しく生きているから

本当に何もしなくても

肌がきれいなんじゃないでしょうかね?

 

 

 

「あたしはこんなにエステ行ったり、高い美容液毎日つけてるのに

あの女優みたいにならないわ!」

「キーーーッ!!」

っていう状態の人はちょっと………ね?

 

 

 

ということは、

肌の質がキレイだなーっていう人は

内面も良い人。

 

 

たぶん。

 

 

 

 

まあでも、心の状態ってのは

そういうとこにも影響を及ぼしてくるんですね。

こわいですね。

 

 

と、恐怖を煽るつもりはありませんが、

 

心に余裕を持てば、肌も体も内臓も

体全体が良くなっていくってことですよね。

 

 

 

 

ウチの子達も、ほっぺがスベッスベなので

ほっぺ同士を合わせてスリスリしたいんですけど

「べたべたが移る」と言われるので出来ません…。

0 コメント

鍛える前に体をちゃんとさ

う~ん、申し訳ないです…

 

ありがたいことに、「初めてなんですけど、今から行ってもできますか?」

というお電話がちょくちょく増えて来ているのですが…

 

 

しかし予約が入っていて「すぐに」出来ない場合が多いので、

時間指定をさせていただく事があります。

 

事前にお電話、お問い合わせのご予約にて

初診の方はしっかりとお時間を取らせてもらうのですが…

 

 

 

「来て、すぐ寝かせて施術して、帰す。」

 

それだけで治せるような

達人の領域には達していませんので、

お話を聞いて、体を診て、不都合そうな場所を見つけ、施術。

施術後の良い状態を保つために、簡単な体操などを教える。

 

 

こんな流れでやってますので、初診の方は多少時間がかかります。

 

ですので、事前予約いただければありがたいです

m(_ _)m

 

 

 

 

さて、先日バスケ少女がいらっしゃいまして。

練習中に痛めたんですね。

この時期の子達の怪我は、自家筋力によるものがとても多いです。

 

自家筋力での怪我。

簡単に言うと自爆。

 

 

急にボールを取ろうと変な体勢で踏ん張って足腰痛めた。

そんな感じです。

 

 

日頃、練習でトレーニングして、頑丈な筋肉をつけたところで

体の使い方が出来ていなければ意味ないです。

 

 

てことは、

腰を痛めたとして、腰回りのリハビリして

筋力強化してストレッチして…

ってやっても、

そもそも体の使い方が上手くできてないから怪我したわけであって、

原因解消にはならないのですね。

 

 

あと、腰痛いから腹筋鍛えるとかって

安易な発想は捨ててくださいね。

 

 

 

家で一生懸命ストレッチ、トレーニングしても

日常生活での体の使い方悪いとまた壊す。

 

なので、まず基礎動作から変えましょう。

歩き方、立ち方、座り方、抜き方etc…

 

 

 

 

ついでに言うと、

バスケでもサッカーでも何でも、

ディフェンスの時ってありますよね。

 

相手がボール持って対峙して

自分は抜かれないように構える。

 

その時に大体腰を落としますね。

腰を落としても、骨盤が前に倒れているとへっぴり腰でダメです。

 

 

んで、

「抜かれたくない」

「このままボールだけを奪い去りたい」

続きを読む 0 コメント

足の指、使おう

GWが近づいてきました。

 

みなさん、もう連休気分でしょうか。

 

どうも、月寒はーと整骨院の中村っぽいです。

 

 

いつも突然ですが、足の指、使ってます?足の裏に刺激与えてます?

 

アーチが落ちてしまって扁平足、指が根っこから曲がらない。そんな人が多いですよ。

足つぼマットありますよね。

ダメな人は、足乗っけるだけでも痛いと思います。

 

 

なぜでしょう?

 

個人的な意見ですが、体のバランスが良くない人が、足つぼも痛く感じるんではないかなと。

 

足の裏にはアーチがありましてね。3カ所。

 

1.踵から親指に向かうアーチ

2.踵から小指に向かうアーチ

3.親指から小指に向かうアーチ

 

体のバランスが良くない人は、足の裏にかかる体重もきれいに分散されないという事で、例えば外側に体重が乗っている人は、外側のアーチが落ちてしまったりとか。

 

単純に、立ちっぱなしの仕事の人は、全体的にアーチが落ちて扁平足になったりだとか。

 

 

で、アーチが落ちましたけど、なにか不都合でも?

という方、

 

アーチが落ちると、

まずクッション性が低下しますわな。(最初ふかふか布団だったのに、年月経ってせんべい布団的な。)

指でつかむ力が低下することで、足の裏からのポンプ作用が低下して、むくみや冷え、こむら返りも起きやすくなりますわな。

外反母趾、O脚にもなりやすいですわな。

結果、肩こり腰痛にもつながりますわな。

 

 

不都合ばかり。

 

だから普段から足の指で「グーチョキパー」とか、アーチ部分に刺激を与えたりとかした方がいいんですね。

 

僕も日常からよく指を動かしたり、足の裏のツボを刺激してるので、かなり深い「グー」を作れます。

なんならその状態で立てます。

続きを読む 0 コメント

一升餅行事

ウチのテレビの前に、お手製の柵がありまして。

網のやつを結束バンドで繋いだもの。

 

下の娘がそこでつかまり立ちをしていてバランスを崩し、転んだところに結束バンドの切断面が、ほっぺたに「シュッ」と。

 

「るろうに剣心」みたいになってしまいました…

 

どうも、中村と言います。

 

 

 

昨日は一升餅の日で、実家へ行きました。

久しぶりに実家のじぃじばぁばに会うから人見知りして泣くんじゃないかなと思っていました。

 

それが、意外や意外、みずからばぁばに抱かさりに行きました。

いいね、世渡り上手。

 

 

 

一升餅も背負って3歩くらい歩きましたね。

 そして、カード選び?

そろばんや、ボールやえんぴつ、財布、ギターなどが描いたカードを選ばせて将来の職業とか才能を占うそうです。

 

ウチの子は、真っ先に「財布」を選びました。

 

「おい、金か!?」。

うん、よろしゅう。

 

 

 

赤ちゃん特有の、がに股で歩くのって可愛いですよね。

 

 

最近では歩くのが楽しいみたいで、抱っこしてても「えぇい、わたしゃ、歩きたいんじゃい!」的に身をよじり降りようとします。

そうやってもっと歩くようになり、筋肉が発達し、股関節の形成もしっかりして、普通に歩けるようになるんですね

まだ進化の過程ですもんね。

 

 

この時期は股関節がしっかりしていないので、がに股だからといって、足をムリに内側に入れたり引っ張ったりは、絶対におやめ下さいね。

外れるよ。

 

 

で、思い出したんですが、そういえば「ずんずん体操」ってなんだっけ?と思って、画像検索してみたんです。

画像見た瞬間、「はっ!?バカなの!?」と思ってしまいました。

 

 

無知とは恐ろしいものです。

無知の者が、間違ったことを親御さん方に広めていた。腹立つわ。

被害者出ないことには捕まらないんでしょうが、死亡者出てからでは遅いですよね。

被害者が子供というのは心が痛い。

 

みなさんも、ワケの分からないようなものに大事なお子様を差し出さないよう、お気をつけ下さい。

 

 

 

 

 

 --------------------------------------------

月寒はーと整骨院 ℡011-876-0338

整体/整骨院/キュアフェイス、キュアフィットできるお店。

交通事故に遭ったら月寒はーと整骨院へ(^^)/

小顔矯正姿勢調整に興味ある方も

〒062-0053

札幌市豊平区月寒東3条4丁目3-14

--------------------------------------------

 

1 コメント

度を超えちゃだめ

「雪印パーラー」が移転して、今だけ半額が気になる、月寒はーと整骨院の甘党中村です。

 

 

昨日、定山渓に行ってきました。

温泉入りにではないです。

 

これ見に。

続きを読む 0 コメント

いごっそうじゃにゃー

「月寒はーと」のイントネーションについて。

 

「アマチュアルール」じゃなくて、「昼からバイト」っていうイントネーションが正解ですが、細かいからどうでもいいですね。

 

 

どうも、中村です。月寒はーと整骨院から来ました。

 

 

高知県へ旅行に行った方からいただいた、パンフレット。

続きを読む 0 コメント

土起こし

自転車通勤、始めました。風強い。

 

 

どうも、月寒はーと整骨院 from NAKAMURA TRIBE です。

 

 

昨日、家の庭の土を起こしまして。良い野菜は良い土からという事で。

続きを読む 0 コメント

新生活スタート

いやあ、暖かい。春です。

 

土から、花の芽が出ています。

本州では桜が咲いています。

 

お花見のゴミ処理のルールは守りましょう。

 

 

どうも、月寒はーと整骨院 feat. NAKAMURAです。

 

 

通勤時にも、新社会人らしきフレッシュな方々を見かけるようになりました。

 

着慣れないスーツ

はき慣れないヒール

 

 

 

ヒールなんか、女の子は大変ですね。

 

ぱっと見、(ああ、普段履いてないんだな)って分かりますよね。

歩き方、ハトみたいだからね。

 

 

ただ、ヒールに慣れるということは、踵が上がった状態に伴って、ムクミや体のゆがみも形成されていくという事ですからね。

 

(ヒールも履き慣れてきたし、そろそろ一人前かしら、あたし)

 

そう、ゆがみが一人前に出来上がったんですね、残念。

 

 

 

 

 

社会人といえども、つい最近まで学生だった方々が多いですよね。

 

4月でなんとか学生気分を脱却し、「よっしゃ、頑張るで!」からの、5月の大型連休でズウゥゥン。

ツンデレか。

 

連休でまたOFFモード。

(なんか、また仕事やるのイヤだなあ)ってなりませんかね?

 

やる気スイッチを押せるのでしょうか。

 

 

 

 

 

ところで最近は、裁判所でも労働者の権利を保護する方向の判決が出されるようになってきましたよね。

 

労働者の権利は、法で認められています。

 

「雇われているからしょうがない」
「社長の言うことだから逆らえない」
「会社に逆らってクビになったら…」

そんなもの、バカげてます。

 

 

新人だから、世の中を知らないと思って簡単に言いくるめられてしまうんです。

洗脳ですよね。

 

 

 

 

(ウチの会社って変かな?これが当たり前なのかな?)と思ったら、誰かに相談してみましょう。

 

「その会社、ブラックだわ」と言われたらブラックでしょう。

 

 

 

「お前は新人だから働け!」

「新人に休みなんていらないんだよ!」

こんな悪しき風習が早く消え去ればいいのに。

 

 

 はい、コラムニストかぶれになる前にやめます。

 

 

 

 

タイヤ交換しました。

友人の車屋で。

 

「ブレーキパッドが半分以下になってるわ」と言われまして。僕は車の事は、てんで分かりませんのでね。

ブレーキパッドって消耗品扱いなんですね。

勉強になりました。

 

たまたまそこに、消防士をやっている同級生も遊びに来ていまして。

 

「大丈夫だ、事故って挟まったら助けてやる」って。

「挟まってからじゃ遅いわ!」

 

 

でわ。

 

 

 

 

 

 --------------------------------------------

月寒はーと整骨院 ℡011-876-0338

整体/整骨院/キュアフェイス、キュアフィットできるお店。

交通事故に遭ったら月寒はーと整骨院へ(^^)/

小顔矯正姿勢調整に興味ある方も

〒062-0053

札幌市豊平区月寒東3条4丁目3-14

--------------------------------------------

0 コメント

江別の遊び場

先日、江別の某ショッピングセンター内の、室内で子供を遊ばせるとこに行ってきました。

 

どうも、月寒はーと整骨院・with・中村です。

 

 

そこには、滑り台や、カラーボールのプールがあったり、ボルダリング、絵本コーナー、赤ちゃん専用遊びスペース。

などなど、子供には楽しい遊び場ですね。

 

人数制限があり、混んでましたね。

 

 

中でも、ネットに囲まれた滑り台とかあるメインの場所は人気なんですね。

 

子供と、親も一緒に入って走り回ったり。

 

 

やはり、子供と一緒に体を動かす役目の多くはパパでした。

 

 

僕も、上の子とともにそこに入って「キャッキャ、キャッキャ」して遊び、場所によっては天井が低いのでね、頭上を気にしながら亀のように首を引っ込めたり、四つん這いで進まないといけないところもあり、そんな疲れがありましたね。

 

下の子はママとボールのプールに埋もれて遊んでいました。

 

 

 

そして、施設内に気になった注意書きがあり、「個人情報の保護のため、写真撮影は1,2枚にして下さい」という内容。

 

 

最近はSNSに写真を載せる事が多くなっているので、不用意に他人様の子供が載った写真はよろしくないんですね。

どんな人が見るか分からない。

そんな時代です。

 

 

 

銭湯とかも子供だからって男湯に娘と一緒に入ると、どんな輩がいるか分かりません。

そんな時代です。

 

 

ウチも2人とも女の子なので、「男湯なんぞに入れるもんか!」と思っています。

 

 

 

 

さて、ひたすら遊んだ後、ママの「アイス食べに行こうか」の提案に乗り、ぐずる事なく江別を後にしました。

 

北広島のジェラート屋さんなんです、目的地。

到着を待てず疲れ果てて子供達、車内で眠りましたね。

 

 

お姉ちゃん、ごめんよ、パパとママだけで食べる事にするよ…

 

 

車内で2人でムシャムシャ食べていまして。

ジェラート買った後、店の外で両手にジェラートを持って、ポーズを決めてお連れの方に写真を撮ってもらっている女子が。

 

 

 

「あの写真をSNSに載せるんだろうね、あの子は」

「ああ、なんで写真撮らんかったべな、ウチら…」

と車内でつぶやいていました。

 

 

美味しい物をまず写真に撮るという発想が浮かばないという悲しさ。

 

でも、世の中に後れを取るのも悔しいから、ちゃんと写真撮るようにしていこう!と思ってみました。

 

 

 

お姉ちゃんはお昼寝から起きた後、ママとシェークを買いに行きました。

 

 

 

 

 

--------------------------------------------

月寒はーと整骨院● ℡011-876-0338

整体/整骨院/キュアフェイス、キュアフィットできるお店。

交通事故に遭ったら月寒はーと整骨院へ(^^)/

小顔矯正姿勢調整に興味ある方も

〒062-0053

札幌市豊平区月寒東3条4丁目3-14

--------------------------------------------

2 コメント