やっちまったギックリ首

いやいや、先日事務作業してたんです。

いつもは休み休みやるのに、その日は長時間やってしまったんです。

 

(あれ?首に違和感が)と思ったので、グイッと反らせて横に倒したんです。

すると、「ピキンッ」と。

あ、いかん、これが巷で噂のギックリ首か?

 

 

患者さんにも、やっちゃいかん動きだと言ってるのに、自分でやってしまう始末。

自分で痛みを起こしてしまう施術家は間違っていると偉そうに言ってたのにやってしまう…

 

 

これね、本当に首が回らない…

痛いんだもん。

 

 

(やばいな、これから患者さん来るのに)と思いながらも、とりあえず体操と呼吸で整え、少しましになりました。

その後、肩を痛めたという新患さんもいらして、(うん、分かる~)と自分の中で共感してしまいました。

 

 

しかし、その後も患者さんを施術していく毎に首の痛みが減っていきました。

相手が良くなりながら自分も良くなるということが感じられた次第です。

 

患者さんの痛みを知るって大事なんですね。

僕はこの仕事をしているので対処法が分かりますけど、全く分からない人がこんな痛みを起こしたら、そらパニックになりますわね。

 

 

何していいか分からないもんだから、とりあえず自己流ストレッチかけてみたり、ネットでいろいろ調べてやれそうな事やってみたりするのでしょう。

そしていじくった挙げ句、悪化して結局痛み止め。

 

 

ネットとかSNS上でも、自称治療家はたくさんいますけど、とにかくそこはプロに任せましょうやって事。

 

 

 

まあ、僕のギックリ首については2日くらいで全然良くなりました。

たぶん、痛みを探そうと思えば見つかると思いますけどね。

 

 

そう、皆さんも例えばギックリ首になって、施術を受けて動きが楽になったとします。

そこで、「最初より全然楽になりました」と捉えるのか「あ~、回るようになったけど、ここまで回したら痛み出る…」と捉えるか。

 

前者は今後、痛みを気にしないで日常生活を過ごせ、気づいたら痛みがなくなっているでしょう。

後者は、日常生活に問題はなくなったものの、ちょくちょく痛みの出る角度を探してしまい、「やっぱりまだ痛い」「まだ治ってないんだ」「治らないんだ」とマイナス思考が入り、それはそれは治るのに時間がかかるでしょう。

 

 

同じ痛みでも、本人の捉え方によっては変わってしまいます。

 

 

なので僕は、危なそうな方に対しては「無理に痛みを探さないで下さい」と言っています。

日常生活でまだ痛みが出ているのなら仕方ないですけど、ムリヤリ痛みを探してたらいつまでも治りません。

 

 

 

普段そこまで首回す事ってないよね!?

日常でブリッジするほど腰反らせる事もないよね!?

 

ならやらなくていいよね、その動き

 

 

てことが言いたかったのです。

 

 

 

P.S

先日、晩ご飯後に下の娘(2歳)に抱っこをせがまれたので、「それ~~っ」とたかいたかいをしたら急に真顔になり、「くちゃい」って言って離れていきました。

そうだ、キムチ食った直後だもの。

キムチはクサイと認識した模様です。

0 コメント

肩こりってない

肩こりって何なのかって。

前書いたかな?

まあいいや

 

 

「姿勢」からくる説も多いと思います。

事務作業して肩こり、腰痛起きたって。

肩が内側に入って、肩甲骨が引っ張られ、首の筋肉が引っ張られ…とか

 

ただね、毎日毎日同じ仕事してるのに、肩こり腰痛起きない人もいるってどういうことか。

ゴムゴムの実の能力者か?

いやいや僕らは平等に人間です。

 

 

 

というのは、同じ姿勢、作業しててもムダに体に力が入ってるかそうじゃないかだと思うんです。

「なんか知らんけど肩こる派」の人は、無意識に全体的に力を入れて作業している。

「なんか知らんけど肩こらない派」は、無意識に力を抜いて、楽に作業をしている。

 

 

 

でやっぱり最近、改めて思っているのが「肩こりって本当にないんだな」と。

 

 

しつこいですが「肩こり」ってただ単にムダに力が入っているだけ。

ちゃんと力を抜ければ柔らかくなるようです。

 

 

「肩こる、体ゆがんでる」と言ってる方のほとんど、適当に施術(いい意味で)した後は、肩もやわいし、ゆがみとやらも治まっています。

あとは自分でそれを維持していけばいいだけ。

それがなかなか出来ないのだけれども。

 

 

いらした患者さんには、姿勢や体操、呼吸などいろいろお教えしています。

 

で、次に来院した時に、それをちゃんと継続していたかって、すぐバレますのよ。

ウソついてもわかりますのよ。

ほとんどの方は、「忘れてた」「忙しくて」で、できていないらしいんですけど、日常生活の動き、呼吸だからできまっせ。

常にできまっせ。

 

ちゃんとやってる人は、体が維持出来ています。

 

 

 

別に、「鍛えろ」「筋トレしろ」というものじゃないので継続できるんです。

 

せっかく楽にする体作りを教えても、また自らつらくする体作りをしてしまっているんです。

自己破壊はやめましょう。

 

「やらなきゃダメ!」っていう強制ではないんですけどね、「やると楽ですよ」と言ってるだけです。

教えた方々も継続していって、「肩こり?腰痛?なにそれ?」という体になってほしいものです。

 

 

 

僕もまだ完璧ではないので、長年かけて研鑽し、身につけて今よりももっと体を良くしていきます。

 

まあ、気楽に。

 

 

 

 

───人にできて、きみにだけできないなんてことあるもんか───

 

byドラえもん

0 コメント

日常の動きを変えて

肩こりや腰痛などになりやすい人というのは、体の使い方が上手ではない人が多いんですね。

 

 

ウチでは、肩こり腰痛の方に対しては施術後に簡単な体操とか骨盤が楽な位置、立ち方、動き方なども教えているのですが、どうもこれが難しいようです。

 

 

普段痛みなどを起こさない人は簡単に出来るのですが、やはり自分の体の楽な位置を知らない、やったことない人にとっては難しいんです。

ただ、自分の楽な位置や動き方を知らないのは損。

出来ない人はこれからちゃんと身につけていけばいいだけの話しなんです。

 

「自分は運動してるから大丈夫」

果たしてそうでしょうか?

 

 

 

さて、昔から教えられている「背筋ピンとして!」を真面目に実行して身につけてしまっている方々や、部活動などの辛い練習で自分を追い込んでしまっていたり、勘違い熱血監督の言いなりになって体をいじめぬいてしまった方々。

それが後々、体を固めやすくしているのではないでしょうか。

 

 

僕もずっとサッカーやってきましたけども、辛い練習や追い込みとかは真面目にやっていませんでしたね。

先生や先輩の見てないところでサボってましたからね。

それが良いか悪いかは別として…

 

 

 

最近パワハラとかをよく見聞きしますけど、スクールウォーズの「今からお前達を殴る!」はパワハラ、暴力だと思いますか?

まあドラマですけど、個人的には、愛が入っている拳骨だからいいと思います。

受け手側も愛を感じています。いや多分。

 

 

小学生の野球でミスをしたから殴り、転んだところに蹴りを入れる。

これは愛が入っていますかね?

ただ監督がムカついて、そのストレスのはけ口にしか見えませんよね。

戦時中の軍人を育てているのなら何も言えないですけど。

 

 

「勝つ技術」しか教えられないから、野球は強いかも知れないけど、その子達は後々どうなるか。

体を固めてしまう事を体に刷り込んでいくのではないでしょうか。

 

 

 

 

やや話が逸れましたが、肩こり腰痛など、体の不調が出てきた方。

「運動しよう!」「鍛えよう!」は別に否定はしません。

でも1日24時間ある中で運動や筋トレって何分?何時間?

それ以外の日常生活の時間って、どんな姿勢、動きしてます?

「運動してるから大丈夫」って言って、日常の姿勢、動きを適当にしてませんか?

 

 

…大事なのって、まずは1日24時間ある中で24時間している姿勢とか動きを変えることじゃないですか?

そこを変えつつ運動とかすればいいわけです。

 

 

 

ただウォーキング方法とかをネットで調べて実行してしまっている方。

日頃その歩き方を身につけたら、非常に燃費の悪い歩き方になるので気を付けて。

日常でわざわざ体を疲れさせる歩き方をしてるんですからね(僕は整骨院来る道中、サイクリングロードを通るのでよく見かけます)。

 

それよりも楽に長く歩ける歩き方を覚えた方がいいですよね。

 

 

 

自分が楽な姿勢、動きを身につけてa walk in the parkしたほうがよっぽどいいですよ。

そうすると、あら不思議。

肩こり?腰痛?いつの間にかなくなってるわ。

 

 

で、自分の楽な姿勢、動きというのは…

ネットで調べてもまず載っていないので、情報の多さで頭が混乱するだけです。

という事で、月寒はーと整骨院へ(^_^)

0 コメント

ゆがむ?

安室ちゃんの引退翌日のワイドショーに食いついている子供達

続きを読む 0 コメント

台風と地震を経て

「札幌は災害とか今までなかったから大丈夫だろう」と思っていました。

 

ところが、9月5日の夜中に台風が来て雨風の音で眠れず、朝起きたら至る所の街路樹が折れていたり根元から土をえぐって倒れていたり…

 

 

翌日の9月6日は夜中に地震。

札幌でこんなに大きな地震は初めてで、かなり焦りました。

北海道中が停電。

外に出たら真っ暗で、皮肉にも星がきれい。

 

 

少しずつ明るんできて、車にスマホを充電しに行って車のテレビをつけたら、道内史上最大の地震だったんだと。「「北海道胆振東部地震」と名付けられました…」って、正直名前どうでもいいわ。

 

 

家は電気が止まっただけで、まだ良い方でしたが。

当日は朝からコンビニやお店も電気が止まっていて大変な中、店員さんは電卓で計算してレジをこなしていました。

もう、どこも行列です。

スマホの充電器なんかありゃしません。

電池もなし。

カップ麺類も。

うん、出遅れた。

ただ、買い占めは勘弁願いたい。

 

信号なんて点いていない中、車はお互い譲り合いで走行。

地下鉄もJRもバスもストップ。

 

 

シャワーは入れず。

夜はローソク。

暗くなりゃ寝る。

明るくなって明るいウチに活動。

人間本来の原始的なリズムです。

 

 

二日目には大鍋で湯を沸かしてくれて、浴槽に入れて温かいお湯で体をキレイにできまして。

お湯で体を洗える幸せ。

 

 

その日の夜もローソクで過ごしていると、奥さんが「…え!?ボイラーの音聞こえる!?」。

洗面所の電気のスイッチを押して、電気が点いた時の「ついたーーー!!」という、たまのランニングのような感動。

人類で初めて電気を発明した人に近い喜び。

だって、本当にいつ電気が復旧するのか分からない状態だったんですもの。

 

 

でもすぐ節電しましたよ。

まだ復旧していないところがたくさんあるもの。

 

 

 

 

勉強になりました。

今まで大丈夫だったからと言って、これからも大丈夫なワケではない。

頭では分かっていたけど身をもって。

もう、日本でどこも安全な場所なんてないということ。

 

 

 

そして、一週間以内にまた大きな地震がくるかも知れないので油断しないでという。

こわいこわい。もうやめましょうや。

 

 

本当にみなさん、懐中電灯(ランタン型も)、ラジオ、電池(単一から単三)、電池式スマホ充電器は最低限用意しておかないと停電時は動けなくなります。

中でも、アナログのラジオは本当に必要なんだなあと特に感じました。

 

「スマホでもラジオ聞けるよね」と思うでしょうが、スマホのバッテリーが惜しいのです。

 

 

非常時は、なんだかんだアナログが一番す。

 

公衆電話にも行列ができたそうな…

 

 

では、もうこれ以上各地で震災が起こらない事を祈ります。

 

0 コメント