ゆがむ?

安室ちゃんの引退翌日のワイドショーに食いついている子供達

続きを読む 0 コメント

台風と地震を経て

「札幌は災害とか今までなかったから大丈夫だろう」と思っていました。

 

ところが、9月5日の夜中に台風が来て雨風の音で眠れず、朝起きたら至る所の街路樹が折れていたり根元から土をえぐって倒れていたり…

 

 

翌日の9月6日は夜中に地震。

札幌でこんなに大きな地震は初めてで、かなり焦りました。

北海道中が停電。

外に出たら真っ暗で、皮肉にも星がきれい。

 

 

少しずつ明るんできて、車にスマホを充電しに行って車のテレビをつけたら、道内史上最大の地震だったんだと。「「北海道胆振東部地震」と名付けられました…」って、正直名前どうでもいいわ。

 

 

家は電気が止まっただけで、まだ良い方でしたが。

当日は朝からコンビニやお店も電気が止まっていて大変な中、店員さんは電卓で計算してレジをこなしていました。

もう、どこも行列です。

スマホの充電器なんかありゃしません。

電池もなし。

カップ麺類も。

うん、出遅れた。

ただ、買い占めは勘弁願いたい。

 

信号なんて点いていない中、車はお互い譲り合いで走行。

地下鉄もJRもバスもストップ。

 

 

シャワーは入れず。

夜はローソク。

暗くなりゃ寝る。

明るくなって明るいウチに活動。

人間本来の原始的なリズムです。

 

 

二日目には大鍋で湯を沸かしてくれて、浴槽に入れて温かいお湯で体をキレイにできまして。

お湯で体を洗える幸せ。

 

 

その日の夜もローソクで過ごしていると、奥さんが「…え!?ボイラーの音聞こえる!?」。

洗面所の電気のスイッチを押して、電気が点いた時の「ついたーーー!!」という、たまのランニングのような感動。

人類で初めて電気を発明した人に近い喜び。

だって、本当にいつ電気が復旧するのか分からない状態だったんですもの。

 

 

でもすぐ節電しましたよ。

まだ復旧していないところがたくさんあるもの。

 

 

 

 

勉強になりました。

今まで大丈夫だったからと言って、これからも大丈夫なワケではない。

頭では分かっていたけど身をもって。

もう、日本でどこも安全な場所なんてないということ。

 

 

 

そして、一週間以内にまた大きな地震がくるかも知れないので油断しないでという。

こわいこわい。もうやめましょうや。

 

 

本当にみなさん、懐中電灯(ランタン型も)、ラジオ、電池(単一から単三)、電池式スマホ充電器は最低限用意しておかないと停電時は動けなくなります。

中でも、アナログのラジオは本当に必要なんだなあと特に感じました。

 

「スマホでもラジオ聞けるよね」と思うでしょうが、スマホのバッテリーが惜しいのです。

 

 

非常時は、なんだかんだアナログが一番す。

 

公衆電話にも行列ができたそうな…

 

 

では、もうこれ以上各地で震災が起こらない事を祈ります。

 

0 コメント

ギックリ腰も寝違いも肩こりも…

さて、またギックリ腰ネタをひとつ。

もうギックリ腰ネタは飽きたという方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、しかたない。

そういう方がよく来院されるんですもの。

 

 

「ギックリ腰の治し方」 

 って、あると思いますか?

よく、手技セミナーとかで「ギックリ腰はこれさえやれば治る!」

「〇秒でギックリ腰を治す〇〇治療法」とかを見かけます。

「これであなたも明日からゴッドハンド!」って…

 

 

手を変え品を変え、「今まで無かった全く新しい治療法!」が頻繁に出ています。

ゴッドハンドの技術を習得しようと治療家さんは躍起になります。

 

 

…そもそもゴッドハンドって何でしょ?

「はい、私はゴッドハンドですよ。」

「治療技術教えますよ。」

「今回は理論編だけだからギックリ腰の実技は違う回のセミナーでヤルネ。〇〇万カカルネ。」

「毎回お金かかるけど、セミナー何回も受けないとワタシノ技術習得デキナイヨ。ゴッドハンドが教えてるカラネ。」

…そんなニセゴッドも…

 

 

 

以前勤めていた整骨院の院長は、

「たとえば首の治し方見たら、その他の腰とか膝とかも治し方一緒でしょ。」

「だから1回見たらあと見なくてもいいでしょ。全部繋がってるから。」

と言っていました。

 

 

そんな事言う治療家は少ないですけどね。 

 

 

未熟な僕は、当時その意味がよく分かりませんでしたが、今思えば納得。

結局ギックリ腰だろうが寝違いだろうが肩こりだろうが一緒って事です。

治療家自身が細分化して複雑にしてワケ分からなくしているだけです。

だから解剖学的知識がそこまでなくても、ギックリ腰や寝違いを簡単に改善できる先生はたくさんいます。

 

 

そんな治療家に少しでも近づこうと鍛錬している次第ですが、自分、まだまだ未熟どす。

 

 

ギックリ腰になって治療院行って、治療家が「ほっといたらまた痛くなるよ」って言うから痛くなる。

「通わないと良くならないよ」って言うから治らない。

いらんストレッチやら運動、筋トレ教えるから良くならない。

 

人ってそういう風にできている。

 

 

 

「患者さんのため」とは言いつつ、知らず知らず体の状態を崩すことを教えてしまっているわけで…

 

いや、僕も偉そうな事は言えないわけで…

 

 

でも本当につらい人って、早く治したいんですよね。

回数少なくて治るんであれば、それに越したことはない。

仕事も早く復帰できるし家族との時間だって増えますしね。

 

 

本当はギックリ腰でも何でも1回で完全に改善できればいいのですけどね、1回で治る人もいれば何回かかかる人もいます。

 

 

「ギックリ腰を一瞬で治す」という先生もいます。

動画でも見かけます。

あくまで、「一瞬」「パフォーマンス」です。……

 

内部の問題を変えなければまたすぐに…

 

 

現場からは以上です。

0 コメント

体の退化

何となく気づいてきたのですが、筋肉ってあくまで「補助」だと思うんです。

うん、当たり前なんだけど…

 

 

通常、例えば重たい物を持とうとする時に優先されるべきなのは、「どうやったら体に負担をかけずに持てるか」。

「こういう持ち方が楽だ」とか「こういう押し方、歩き方、投げ方が楽だ」ということを先人達は身をもって体験し、工夫し、自然と身につけていったのだと思います。

 

 

が、自分たち現代人は体を工夫して使う事をおざなりにしてきたのかも知れません。

 

 

本来は、

この荷物は重たい

どうやって持とうか

うん、体をこう使えば楽に持てる

 

 

ですが現代では、

この荷物は重たい

自分の筋力不足

筋肉をつけよう!

 

 

若しくは

この荷物は重たい

筋力不足だけど筋トレとか運動やだ

あ、この道具便利。使おう。

 

 

 

と、体をうまく使えないまま生活出来ています。

 

昔の工夫はすごいです。

大人の自転車は子供には大きすぎて乗れない。

でも乗りたい!

工夫して完成したのがこれ。

続きを読む 0 コメント

W杯残念でした

皆様、W杯で睡眠不足でしょうか。

 

先日、初めての月寒公園へ行って来ました。

遊具の充実さでいうとトップレベル!

…知りませんけど。

 

非常に混んでいまして、なかなか駐車場にも入れない様子。

 

 

待ってる車の人達もイライラしているでしょうに、そんな中でドライバーに声をかけて和ませる警備員のおっちゃん。

毎年初詣に白石神社で警備している、DJガードでした。

引っ張りだこか。

 

 

まあまあ天気がよろしくて、お子様連れが多かったですね。

名物の長~い滑り台でウチの子らも楽しんでいた模様。

 

子供用の軽いボールを持って行ったので、僕がそれを坂に蹴っては二人で「キャッキャ」しながら追いかけていました。

 

よし遠くに蹴ってやろうと強めに蹴ったところ、芝生のはげている場所に軸足を取られ転倒。

決して足の筋力が衰えていたわけではありません。

滑っただけです。

QBK((Q)急に(B)ボールを(K)蹴ったから)です。

 

 

W杯観て、ボールを蹴りたくなったのです。

そんな方も多いでしょう。

「よし!自分もランニングでも始めてみるか!」とか。

 

 

それ、続きませんよ。

普段さして歩きもしないのに、走るって。

小一の勉強飛ばして小四の勉強出来ませんて。

物事には順序があります。まずは歩きましょうや。

 

 

別に、腕振って歩幅を大きく!ってしなくてもいいと思いますけどね。

自分が楽に歩ける姿勢を見つけられたらいいんです。

無理せず、楽~に。

 

 

さて、W杯。

日本代表がベルギーに2対3で敗れ、残念ながら8強とはいきませんでしたが、いい試合でした!

 

 

未来に繋がる可能性。

これからまた少しずつ強くなっていけばいいさ。

 

 

結局なんの話だろう…

0 コメント