肘内障

どうも、月寒はーと整骨院の中村です。

 

 

今日は、小さなお子様のいる方々に、こんな事にご注意下さいとの話です。

 

昨日のウチの話なのですが、僕が近所で買い物をして家に帰ってきたら、下の子がママの腕の中で泣きわめいていました。

 

どうやら、上の子が下の子の手を「グイッ」と引っ張ったようで、左腕がダランと垂れて動かせないようでした。

 

 

 

こういった場合、多くは「肘内障」です。

 

肘内障は、腕を引っ張ることによって、肘の外側の骨を繋いでいる輪っか状の靱帯が、外れかかっている状態ですね。

 

例えるなら、ネックウォーマーが靱帯とすると、スポンと脱ぎかけて頭にある感じ。

はい、いい例え。

 

小さい子供の内は、その骨の形状がしっかりしていないので、抜けやすいのです。

 

 

多いのが、親と買い物中に子供がフラフラ離れて行こうとして、「待ちなさい!」と、肘を伸ばした状態で手を引っ張ってしまう事です。

 

抜けます。お話が出来る子は、「手首痛い」とか言います。

 

 

 

たまたま昨日は僕がいたので整復しましたが、たぶん、何も分からない親御さん方は焦りますよね。

 

 

とにかく、手を引っ張ってしまって、手首を痛がり、引っ張った方の腕が、燃え尽きた時の矢吹ジョーになっている。

そんな時は近くの整骨院、または整形外科に行きましょう。

その場ですぐに整復してくれます。整復後は、すぐに泣き止みます。

 

 

 

 

 

--------------------------------------------

月寒はーと整骨院● ℡011-876-0338

整体/整骨院/キュアフェイス、キュアフィットできるお店。

交通事故に遭ったら月寒はーと整骨院へ(^^)/

小顔矯正姿勢調整に興味ある方も

〒062-0053

札幌市豊平区月寒東3条4丁目3-14