驚愕反応

昨日の夜の事です。

 

僕はいつも、皆が寝てから居間の電気を消し、最後にお風呂に入って、掃除して出るのです。

昨日もそうでした。

 

(さあ、掃除も終わったし、部屋行って寝ようか。)と思い、脱衣所のドアをガラガラと開けました。

 

 

 

ドアを開けた目の前に、暗闇の中でこちらを向いて、じっと立っている女の子が!

 

「んあっ!!

 

一瞬、脳内で、「出た!!おばけっ!!、座敷わらし!!」と、パニックでした。

 

 

どうやら上の娘が、用があってママと一緒に2階から降りて来ていたんですね。

 

 

その光景を終始見ていたママが笑いまくっていました。しばらく思い出し笑い。

 

 

心臓がね、動きを止めましたよね。

 

 

 

さて、その関連したお話です。

 

皆さん、驚いた時はどうなるでしょうか?

バンザイしてのけ反ります?それは漫画だけですね。

 

人間や動物には、「驚愕反応」なるものがあります。

 

例えば、じっと立っている人を、「わっ!!」と驚かせます。

 

すると瞬間的に体の前面、特に腹筋部分が収縮し、猫背のかっこうになります。

 

人間や動物は、頭部、胸部、腹部、下腹部に弱点がいっぱいあります。前側は臓器を包んでいます。大事です。

 

そこで、「驚愕反応」により、(弱点を守らないと!)となり、体の前面を縮めて守るんですね。面白いですね。

 

 

体の前面=速筋(白筋):速い動きの出来る筋肉

体の後面=遅筋(赤筋):姿勢を保持する筋肉

 

全てではないですが、こんな感じで思ってもらえれば。

 

 

 

四足歩行の動物は、腹部を守って歩いていますが、二足歩行の人間は、弱点をさらけ出して生きてますよね。

 

 

なので昔の人間の知恵で、初対面の人に対しては、(あなたの弱い部分は攻撃しませんよ)という意味で「握手」をしたんじゃないかという説があるとかないとか。

 

 

 

日頃から、外傷ストレス、心的ストレスにより、「驚愕反応」を継続して起こしている人は、背中を丸めて、常におびえるようにしています。

虐待されている子供などもそうでしょう。

 

 

小さい子なのに日頃から、(「驚愕反応」の姿勢では?)、と感じたら、(もしかしたら虐待?)という指標に、少しでも役に立つのかなあ、と個人的に思います。

 

 

 

 

 

 

 --------------------------------------------

月寒はーと整骨院 ℡011-876-0338

整体/整骨院/キュアフェイス、キュアフィットできるお店。

交通事故に遭ったら月寒はーと整骨院へ(^^)/

小顔矯正姿勢調整に興味ある方も

〒062-0053

札幌市豊平区月寒東3条4丁目3-14

--------------------------------------------