ストレッチ使い分け

なんか最近、電車やらバスやらのつり革を触りたくないって方々が増えているんですって?

 

おじさんが触った後のつり革触りたくないですって?

 

 

 

 

 

「冗談は顔だけにしろよ」

 

 

 

…若い人は知らないですよね。

 

 

どうも、月寒はーと整骨院の中村です。

 

人間はねえ、誰しも体の内外に「常在菌」を持っているんです。

 

「若いし、きれいにしているから、汚い菌なんか持ってないよ」

なわけない。

 

 

汚いと思われがちな、可哀相な「菌」に、人間の身体は守られています。

なので、過剰な除菌、消毒という風潮はいかがなものかと…。

 

別に専門家じゃないので詳しくは知りませんが。

 

 

 

 

 

さて、ちょっとストレッチについての勘違い。

 

前にも、伸ばされ過ぎている筋肉はストレッチするべきではないと書きました。

 

縮んでいる側の筋肉を軽く伸ばして、3回程深呼吸して、呼吸を使って自然に伸ばし、リラックスさせる。

 

 

 

それでは、スポーツ前のストレッチはどうでしょう。

 

 

競技直前に、今みたいなストレッチをすると、リラックスしてしまいます。

これから競技に入るのに、副交感神経上げてリラックスさせても、パフォーマンスは低下するのではないでしょうか。

 

 

 

なので本当は、競技前は動きの中でストレッチしていくのがいいんですね。

 

僕もサッカー部の頃、「ブラジル体操」を練習前に行っていました。

ちゃんと理にかなっていたんですね。

大して真面目にやってなかったですけど。

 

 

運動後は、リラックスさせるストレッチでいいと思います。

 

 

ただし、「筋肉痛、きついわ~」、「ぶつけたとこ痛いわ~」

ていう時は、筋繊維の挫傷があるので、筋肉の繊維痛めているとこにストレッチかけてしまうと余計に痛めますからご注意を。

 

そんな時は逆に、縮めてあげますけどね。

 

 

ストレッチ一つにしても、やるべき場所、方法、タイミングで変わってくるんですね。

 

難しいですよね。

 

 

 

でもスポーツやらない方は、リラックスのストレッチでいいですからね。

 

 

 

 

 

 --------------------------------------------

月寒はーと整骨院 ℡011-876-0338

整体/整骨院/キュアフェイス、キュアフィットできるお店。

交通事故に遭ったら月寒はーと整骨院へ(^^)/

小顔矯正姿勢調整に興味ある方も

〒062-0053

札幌市豊平区月寒東3条4丁目3-14