冷湿布と温湿布どっち貼ったら?

という質問をよく受けますけど、さてどうなのでしょうか。

 

 

どっちでもいいです。

大して違いはありません。

冷たく感じるか、温かく感じるかですね。

 

温湿布の方は温かく感じる唐辛子の成分が入っているくらいです。

 

 

肌が弱い方は、温湿布貼っているとかぶれるという人が多かったように思えます。

 

 

ただ、捻挫とか打撲の炎症期は冷湿布で、肩こりとかは温湿布貼ったらいいのでは?と思います。

ただし、肩こりの湿布は一時的に楽になった気がするという認識でいると良いでしょう。

「肩こって毎日湿布貼ってるけど治らないわ」って当たり前です。

 

肩こりは肩で起きてるんじゃない、姿勢で起きてるんだ!

 

ちなみにウチでは、ぎっくり腰とか捻挫、打撲くらいの人にしか湿布は貼りませんね。

 

 

 

 

人間の脳は不思議なもんで、唐辛子成分一つで、温かいか冷たいかの違いを感じるんですね。

 

 

昔、こんな実験があったそうです。

お湯をグツグツと沸かしている部屋に人を置き、
目隠しをして待っていてもらっているところ、いきなり手に冷たい水をかけた。

 

すると、「熱い!」という錯覚を起こすというもの。

 

 

…思い込みというのは怖いですね。

 

 

もしかすると、暑い日に「寒い、寒い、冬だ」と脳に思い込ませると、体感温度が下がるかも知れません…

 

 

 

 

 

こないだ下の娘にサングラスをかけさせたら、人差し指をクルクルって回して謎のポーズをとりました。

奥に見える足は僕の足なので、気にしないで。

 

 

 

 

 

 --------------------------------------------

月寒はーと整骨院 011-876-0338

整体/整骨院/キュアフェイス、キュアフィットできるお店。

交通事故に遭ったら月寒はーと整骨院へ(^^)/

小顔矯正姿勢調整に興味ある方も

〒062-0053

札幌市豊平区月寒東3条4丁目3-14