怪談話でも

しようかな。

全く整骨院の話とは関係ないですけど。

 

昔一度だけ、体験しました。

 

 

僕がまだ整体の専門学校に通っていた、筋肉も骨のことも全然分からなかった若き日の頃、東京の国立市というところにあるマッサージ店でアルバイトをしていました。

 

そのお店はビルの2階に入っていました。

 

入り口に入ると受付と待ち合いスペースがあり、奥にベッドルームという作り。

 

ベッドルームというのが、それぞれ壁で囲まれた個室になっていて、入り口がカーテンでおおわれているんです。

1~3番ベッドが横並び。

4番ベッドはその向かいに孤立しているんです。

 

 

当時まだ新人の僕は、先輩方に色々と仕事を教わりながら働いていました。

 

それで皆さん言うには、「このビル、昔は墓場だったらしいから、けっこう出るよ」と。

 

聞くと、「夜一人で残業してたら急に頭痛がして、4番ベッドから物音がした」とか、「4番ベッドにお客さん入っていったからどうしたんだろうと思い、入ると誰もいなかった」など。

 

その他にも体験者が多かったんですけど、どうせピュアな僕を怖がらせてるもんだと思っていました。

 

 

月日が過ぎ、仕事にも慣れ、お正月が近づいていた頃。

お客さんがいない時間に少しずつ大掃除をしようという事になり、僕は先輩と二人で4番ベッドの片付けをしていました。

 

カーテンを閉め、先輩がカーテン際にいて、ベッドをはさんで反対側で僕が作業。

先輩が「そっちの雑巾取って」と言うので、僕は右手で雑巾を持ち、カーテンが邪魔だったので左手でカーテンを払い、雑巾を渡そうとしました。

 

 で、カーテンを払った時に誰かのお尻?を触りました。

女性スタッフが多いお店なので、(やべっ!)と思い、すぐにカーテンを開けて「すいませ……あれ?」

 

 

だれもいない。

 

だれか居た形跡もない。

 

ちょっと考えていると先輩が「ん?どうした?」と。

僕は「いや、今カーテンの外にだれかいませんでした?」

 

先輩「え?いたでしょ。俺ずっと体あたってたし」

僕「ですよね。でも誰もいないんスよ」

 

 

そのあと、何にぶつかってたのかいくらカーテンを払ってもなんにも触れませんでした。

もちろん、他のスタッフに聞いても皆さん各々別の場所で作業してたからそこには誰もいなかった。

 

 

しかし僕は、確実に手で触りました。

誰かのお尻らしき何かを。

触った際、手汗の塩分でうまく浄化出来たでしょうか。

 

 

その時は、怖くなかったんです。

「とうとう体験しましたよ!」という感動をみんなに伝えてましたから。

 

 

 

ただ、あとから思ったんですが、先輩がずっと当たってたという場所と僕の触れた場所って距離があるんです。

 

なので、ずっと先輩が当たってたそのクリーチャーは、僕の触れたクリーチャーとは別のクリーチャーではないか。

 

つまり、クリーチャーは1体だけではなく、クリーチャーズだったのではないか。

 

 

そんなお話。

 

めでたしめでたし。

 

 

 

 --------------------------------------------

月寒はーと整骨院 011-876-0338

整体/整骨院/キュアフェイス、キュアフィットできるお店。

交通事故に遭ったら月寒はーと整骨院へ(^^)/

小顔矯正姿勢調整に興味ある方も

〒062-0053

札幌市豊平区月寒東3条4丁目3-14